英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習関係代名詞whose、whom Day79>関係代名詞(whose, whom)について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1.That is ( whose, the man, has, been, house, destroyed ) .
(あれが家が全壊した人です。)

2.The girl ( he, whom, is, a teacher, married ) .
(彼の結婚した女性は教師です。)


解答です

1. That is the man whose house has been destroyed.
(あれが家が全壊した人です。)

2. The girl whom he married is a teacher.
(彼の結婚した女性は教師です。)


解説です

 関係代名詞の文を作る問題です。関係代名詞のwhose、whomを使っていきます。「人」を表すための関係代名詞です。
 whoseは「誰の」という意味で所有を表します。whomは「誰に」という意味で目的語を表します。


問題1について
 問題文でThat isがすでに置かれています。これで「あれが」という意味になります。
 ( )の中に先行詞も含まれています。この場合The manがそれです。
 That is the man
 (あれがその人です)

 そしてthe manを説明していきます。この場合whoseを使っていきます。whoseは所有を表します。すると、次のようになります。
 whose house has been destroyed
 (家が全壊した人です)

 すると、解答は次のようになります。
 That is the man whose house has been destroyed.
 (あれが家が全壊した人です。)


問題2について
 問題文でThe girlはすでに置かれています。これで「その女性」という意味です。
 そしてこのthe girlは、「彼の結婚した女性」ということになります。次にこのような意味になるように、( )の中を並べ替えていきます。
 he marriedで「彼が結婚した」という意味です。marriedはmarryの過去形です。marryは「結婚する」という意味の動詞です。
 たとえばhe married the girlで、「彼はその女性と結婚した」という意味になります。

 このthe girlは目的語になっていますが、ここにwhomを置きます。
 そうするとhe married whomになりますが、関係代名詞として使うときは、whomを前に持っていきます。すると、次のようになります。
 The girl whom he married

 そして解答はつぎのようになります。
 The girl whom he married is a teacher.
 (彼の結婚した女性は教師です。)











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます