英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習挿入語句と付加疑問文 Day71>付加疑問文について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1.You are not going to quit, ( ) ?
(あなたはやめるつもりはないんですね。)

2.She works in a bank, ( ) ?
(彼女は銀行に勤めているんですね。)

3.I must not forget that, ( ) ?
(私はそれをわすれてはいけないんですね。)

4.You are on my side, ( ) ?
(あなたは私の味方ですよね。)

5.You live in Hakodate, ( ) ?
(函館に住んでいるんですね。)


解答です

1. You are not going to quit, are you?
(あなたはやめるつもりはないんですね。)

2. She works in a bank, doesn't she?
(彼女は銀行に勤めているんですね。)

3. I must not forget that, must I?
(私はそれをわすれてはいけないんですね。)

4. You are on my side, aren't you?
(あなたは私の味方ですよね。)

5. You live in Hakodate, don't you?
(函館に住んでいるんですね。)


解説です

 付加疑問文についての問題です。付加疑問文とは、文の後ろに疑問文を付け加えたものをいいます。
 付け加える疑問文ですが、肯定に対しては否定の疑問文を付け加えます。そして否定に対しては肯定の疑問文を付け加えます。


問題1について
 問題文のYou are not going to quitですが、否定を表しています。そこでこの後に付け加える疑問文は、肯定を表す疑問文です。そこで次のような解答になります。
 You are not going to quit, are you?
 (あなたはやめるつもりはないんですね。)


問題2について
 問題文のShe works in a bankですが、肯定を表しています。そこでこの後に付けくわえる疑問文は、否定を表す疑問文です。そこで次のような解答になります。
 She works in a bank, doesn't she?
 (彼女は銀行に勤めているんですね。)

 問題文で使われている動詞は現在形のworksです。したがって疑問文を作る上では、doやdoesを使います。付加疑問文も同じで、この場合はdoesを使っていきます。


問題3について
 問題文のI must not forget thatですが、否定を表しています。そこでこの後に付けくわえる疑問文は、肯定を表す疑問文です。
 またここでは助動詞を使っています。それはmustですが、助動詞を使う場合も、その助動詞の疑問文を使っていきます。そこで解答は次のようになります。
 I must not forget that, must I?
 (私はそれをわすれてはいけないんですね。)

 問題文で使っている助動詞はmust notの否定形です。そこで文の後ろに付け加える疑問文は、mustの肯定形です。


問題4について
 問題文のYou are on my sideですが、肯定を表しています。そこでこの後に付けくわえる疑問文は、否定を表す疑問文です。そこで解答は次のようになります。
 You are on my side, aren't you?
 (あなたは私の味方ですよね。)


問題5について
 問題文のYou live in Hakodateは肯定を表しています。そこでこの後に付けくわえる疑問文は、否定を表す疑問文です。そこで解答は次のようになります。
 You live in Hakodate, don't you?
 (函館に住んでいるんですね。)

 問題文で使われている動詞は現在形のliveです。疑問文にする場合はdoやdoesを使うことになります。付加疑問文も同じですので、この場合はdoを使っていきます。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます