英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習数の形容詞、allとmostとno、everyとeach Day25>all、most、no について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. ( ) food (was) scarce.
(全ての食料が不足していた。)

2. ( ) men (is) created equal.
(人はみな平等である。)

3. You will have ( ) success.
(あなたは多くの成功を得るでしょう。)

4. I have ( ) time for reading.
(私には本を読むひまがありません。)

5. ( ) people think he is great.
(彼は偉大だと、たいていの人々は思っています。)


解答です

1. All food was scarce.
(全ての食料が不足していた。)

2. All men are created equal.
(人はみな平等である。)

3. You will have most success.
(あなたは多くの成功を得るでしょう。)

4. I have no time for reading.
(私には本を読むひまがありません。)

5. Most people think he is great.
(彼は偉大だと、たいていの人々は思っています。)


解説です

 allとmost、noの基本的な使い方を問う問題です。
 allは、「全ての」のという意味で、mostは、「たいていの」という意味です。そしてnoは、「少しもない」という意味です。

 また問題の1と2では、動詞を( )にしています。これは必要な場合に適当な形に変えていきます。


問題1について
 問題文で、scarceは「乏しい」という意味の形容詞です。動詞のあとに単独でおいて(叙述用法として)使います。

 日本語訳の「食料」はfoodですが、「全ての食料」はall foodになります。そこで次のような解答になります。
 All food was scarce.
 (全ての食糧が不足していた。)

 allのあとのfoodは、数えられない名詞です。そこでwasはそのまま変えずに使います。


問題2について
 問題文で、createdはcreateの過去形または過去分詞です。問題文は受動態としての文ですので、この場合は過去分詞の形となります。

 そのcreateは「~を創造する」という意味の動詞です。
 また、equalは「平等」や「同一」という意味の形容詞です。

 日本語訳で、「人はみな」とありますので、all menとなります。そこで次のような解答になります。
 All men are created equal.
 (人はみな平等である。)

 allのあとのmenは数えられる名詞で、複数形になっています。そこでbe動詞のisも、areに変わります


問題3について
 問題文でsuccessは、「成功」という意味の名詞です。
 そして日本語訳では「多くの成功」とありますので、most successとなります。したがって次のような解答になります。
 You will have most success.
 (あなたは多くの成功を得るでしょう。)


問題4について
 問題文でreadingがあります。readは「読む」という意味の動詞ですが、readingで「読書」という意味の名詞になります。

 日本語訳で「本を読むひまがありません」とあります。これは「本を読む時間がない」ということですから、問題文にあるtimeの前にnoを置くことになります。すると、次のような解答になります。
 I have no time for reading.
 (私には本を読むひまがありません。)


問題5について
 問題文でthinkは、「考える」という意味の動詞です。
 日本語訳では「たいていの人々」とありますので、peopleの前にmostを置くことになります。すると、次のような解答になります。
 Most people think he is great.
 (彼は偉大だと、たいていの人々は思っています。)











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます