英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜



<1>
 インデックスの ↓△覆匹脇睛討寮睫世鬚靴討い泙后また、メモ欄の内容についても大切なことはこれで説明を加えています。
<2>
 項目に「(応用)」のあるものは少し発展させた内容になっておりますので、軽くふれておくだけにしておいてください。
<3>
 各Dayにおける項目数は目安にすぎません。読者のペースに合わせて2つにわけるなど適度に区切りご利用下さい。
容易と思われる項目があるDayには、項目を増やしている場合もあります。





  1.はじめに(本書について)

  1.英語の文のつくり(その1)
2.英語の文のつくり(その2)
3.英語の文のつくり(その3)
4.英語の文のつくり(その4)
5.英語の文のつくり(まとめ)
  。喫厳燭里泙箸
6.英語の文の種類(平叙文)
7.英語の文の種類(疑問文)
8.英語の文の種類(命令文)
9.英語の文の種類(感嘆文)
10.英語の文の種類(祈願文)

  1.be動詞の現在形
2.動詞の現在形
  。下鑪爐瞭飴
  ∋或余涼運形(人称について)
3.「s」のつけかた
  ‘飴譴痢s」のつけかた
4.現在進行形
  /聞垠舛琉嫐
  一時性
5.動詞の進行形のつくりかた
  ingのつけかた
  ⊃聞垠舛あらわすある時点への接近(進行形の未完了)

  1.be動詞の過去形
2.動詞の過去形
  ‘虻遏状態の終了
  過去の習慣
3.規則動詞と不規則動詞
   ed」のつけかた
  不規則に変化する動詞の例
4.過去進行形
5.はっきりとした過去の習慣
  used toの使い方
  be used toについて
6.used toとwould
  usedとwouldの使い分け
7.「慣れる」の補足説明
   屐舛亡靴譴襦廚函屐舛亡靴譴討い襦廚良集修砲弔い
  動名詞と現在分詞

  1.be動詞の否定形
2.動詞の否定形
3.be動詞の疑問形
4.動詞の疑問形

  1.be going to
2.will
3.未来進行形
  〔ね茲凌聞
  現在進行であらわす未来
4.be going toとbe about to

  1.willの意志未来
  willであらわす意志
  意志未来の進行形について
2.willの疑問形
3.willの過去形would
4.shall
5.shallの過去形should
6.may
7.mayの疑問形(許可を求める)
  ゝ可を求める
  May I とShall Iについて
8.mayの過去形might

  1.can
2.Can you 〜 ?(依頼)
3.canの過去形could
  canとcouldとbe able toの使い分け
4.have to
5.don’t have to
6.Do you have to
7.must
8.must(推量)
9.dare

  1.Who(その1)
2.Who(その2)
  whomについても
3.Whose
4.「それは〜のものです」
  ―衢のあらわし方
5.Which

  1.What(その1)
2.What(その2)
3.What+名詞
4.What 〜 like
5.What about(提案・勧誘・意見)
6.What if(応用1)
7.What 〜 for(応用2)
8.その他の応用
  whatのその他の応用
9.When
10.Where

  1.How
2.How+形容詞・副詞
  How longで目的地までの時間をたずねるなど
  回数の答え方
3.How about(提案・勧誘・意見)
4.How are you(あいさつ)
5.How come(応用)
6.Why
7.Why don’t you(提案)
  Why don’t you
  Why not
8.間接疑問文(応用1)
9.間接疑問文(応用2)

  1.形容詞の基本(基本その1)
  〃鼠道譴隆靄
  限定用法と叙述用法
2.人を主語にする形容詞(基本その2)
3.人を主語にできない形容詞(基本その3)
4.It is 形容詞 for 人 to…
5.It is 形容詞 of 人 to…
6.人を主語にした形容詞とto不定詞・that節
  ヾ蕎陝状態の理由
  不定詞とto不定詞と原形不定詞
7.叙述用法にしか使われない形容詞(応用)

  1.manyとmuch(たくさんの)
2.manyとmuchの応用
3.数詞について
  /詞
  ⊇数詞
4.a fewとa little(少しの)
5.a fewとa littleの応用
6.anyとsome(いくつかの)
7.倍数、分数、小数について
8.several(いくつかの)

  1.all、most、no(全て、たいてい、少しもない)
2.everyとeach(「あらゆる」と「各々」)
3.enough(十分な)
4.enough+to不定詞(〜をするのに十分な)
5.形容詞としての現在分詞、過去分詞(応用)

  1.副詞の基本
2.副詞の位置
3.副詞の作り方
4.副詞の作り方(例外1)
5.副詞の作り方(例外2)

  1.hereとthere(場所の副詞1)
2.somewhereとanywhere(場所の副詞2)
3.everywhereとnowhere(場所の副詞3)
4.awayとfar(場所の副詞4)
5.far(その他)
6.倒置(その1)
7.倒置(その2)

  1.stillとyet(まだ:時の副詞1)
2.already(もう:時の副詞2)
  alreadyとyet
  stillとyetとalreadyの比較
3.ago(〜前:時の副詞3)
  agoの「〜前」
  inの「〜後」
4.頻度の副詞
5.程度の副詞の基本(程度の副詞その1)
6.soとtoo(非常に:程度の副詞その2)
  soとtooの「非常に」
  tooの「〜もまた」
7.almostとnearly(ほとんど:程度の副詞その3)
8.almostとnearly(程度の副詞:応用)

  1.veryとmuch(程度の副詞その1)
2.rather(程度の副詞その2)
  ratherとfairly
3.rather(応用)
4.その他の副詞eitherとneither

  1.受動態の基本的な作り方
2.受動態を作る意味
3.by以下の省略
  byを省略する理由
  ⊃珪霾鵑筏貍霾鵑砲弔い
4.第4文型の受動態
5.第5文型の受動態
6.助動詞の受動態
7.疑問文の受動態
8.by以外の前置詞(応用1)
9.進行形の受動態(応用2)
10.群動詞の受動態(応用3)

  1.年月日、曜日など(時の前置詞その1)
2.午前や午後など(時の前置詞その2)
  仝畫阿筝畍紊砲弔前置詞
  in timeとon time
3.byとuntil(時の前置詞その3)
4.from … to(until)(時の前置詞その4)
5.beforeとafter(時の前置詞その5)
6.forとduring(時の前置詞その6)
7.within(時の前置詞その7)
8.on+動名詞(時の前置詞:応用)

  1.inとat(場所の前置詞その1)
  ‐貊蠅inとat
  inとintoとout of
2.on(場所の前置詞その2)
  ‐貊蠅on
  get onとget in
3.overとunder(場所の前置詞その3)
4.aboveとbelow(場所の前置詞その4)
5.near(〜の近くに)(場所の前置詞その5)
6.byとbeside(〜の近くに)(場所の前置詞その6)
  byとbesideの比較
  byとnearの比較

  1.「〜の前」、「〜の後ろ」など(場所の前置詞その1)
2.along(〜に沿って)(場所の前置詞その2)
3.through(〜を通って)(場所の前置詞その3)
4.around(round)(〜の周り)(場所の前置詞その4)
5.across(〜の向こう)(場所の前置詞その5)
6.withとwithout(その他の前置詞)
7.withの付帯状況(応用)

  1.代名詞の基本(「I」、「you」など)
  ‖緻昌譴亮鑪燹平余梁緻昌譟
2.we、you、they(総称的に)
3.myself(私自身)
  〆撞代名詞
4.強調のためのmyself
5.it(仮の主語)
  〃措暗な「it」の意味
  形式主語と非人称の主語などについて
6.it(強調構文)
7.It seems that(〜らしい)

  1.thisとthat(これは、あれは)
2.This is Ann.(電話の応対)
3.so(前の文を指す)
4.other(他の人)
5.another(もう1人)
6.somebody(ある人)など
7.each otherとone another(お互いに)

  1.時制の一致の基本
2.直接話法と間接話法の時制の一致
3.間接疑問文の時制の一致
4.There is(〜があります)
  ”堝団蠅梁減漾並減瀛検
5.have+名詞(状態、動作)
  haveの基本的意味「持つ」
  haveであらわす体調

  1.and(そして)
2.both A and B(AもBも両方)
3.命令文+and(応用)
  andの応用
  ¬仁疂犬砲弔い
4.or(または)
5.命令文+or(応用)
6.but(けれども)
7.not only A but also B(AばかりでなくBも)
8.because(なぜならば)
9.since(〜なので:応用)
10.before(〜をする前に)
11.after(〜のあとに)

  1.so(それで)
2.so 〜 that …(〜なので … です)
  so ~ thatの使い方
  such ~ thatの使い方
3.so that(結果)
4.so that(目的)
5.too 〜 to do …(〜がしすぎて … できない)
  too ~ toの使い方
  so ~ thatへの書き換え
6.when(〜をしたとき)
7.where(〜をするところに:応用)

  1.while(〜をしている間)
  whileとwhileに合う動詞について
  whileとduring
2.until(〜をするまで)
  untilの継続
  ∋や条件をあらわす副詞節の動詞について
3.if(もしも、)
4.if(〜かどうか)
5.whether(〜かどうか)
6.even if(たとえ〜でも:応用)
7.thoughとalthough(〜だけれども)

  1.as(〜をしながら)
  asの同時性表現
  asの理由表現
  asの役割表現
2.wonder if(〜かしら)
3.unless(〜でなければ)
4.unless(応用)
5.in case(もしも〜なら、〜だといけないから)
6.hardly(scarcely) 〜 when(before)(するとすぐに:応用1)
7.no sooner 〜 than(するとすぐに:応用2)

  1.比較の基本
  “羈咾隆靄
  cheapとinexpensive
2.比較変化のしかた(比較級の作り方)
3.older than(〜よりも)
4.比較のAとBの関係
5.more thanとless than(より多い、より少ない)
6.more thanとless thanの範囲

  1.as … asの比較(〜と同じくらい)
  ‘韻個度の比較
  ◆屬任るだけ」のas you can
2.as soon as(〜をするとすぐに)
3.as(〜と同様に)
  asの「〜と同様に」
  口語のlike
4.〜 times as … as(〜倍)
  ’椰表現
  ◆舛汎韻犬箸いι集修the same
5.the more … the more …(〜をすればするほど:応用1)
   屐舛鬚垢譴个垢襪曚鼻廚良集
  andと一緒に「ますます〜だ」
6.A is no more B than C is D.(応用2)
  no more thanの「〜にすぎない」
  ◆AがBでないのは、CがDでないのと同じ」

  1.senior to、junior to(比較)
2.prefer(〜のほうを好む)とrather than(むしろ〜だ)
3.最上級の基本
  〆脳綉蕕隆靄
  theのつく意味
4.最上級の作り方
5.at the mostとat the least、他(多くても、少なくても:応用1)
  at the mostの「せいぜい」とat the leastの「少なくても」
  make the best ofとmake the most ofの「最大限に利用する」
  at lastの「ついに」
6.the+序数詞+最上級(2番目や3番目:応用2)

  1.現在完了とは?
2.完了・結果(その1)
3.完了・結果(その2)
4.完了・結果(その3)
5.会話での現在完了の例

  1.経験(その1)
2.経験(その2)
3.継続(その1)
4.継続(その2)

  1.現在完了進行形とは?
2.現在完了進行形(その1)
3.現在完了進行形(その2)
4.過去完了
  仝什澳偉擦硫甬
  過去完了のbefore
  2甬邊偉賛聞垠
5.未来完了(応用)
  仝什澳偉擦量ね
  ¬ね茣偉賛聞垠

  1.分詞の種類(現在分詞と過去分詞)
2.分詞構文
3.独立分詞構文
4.挿入語句
5.付加疑問文

  1.letの使役(使役動詞その1)
  letの使役
  let’sの勧誘
2.makeの使役(使役動詞その2)
  makeの使役
  makeとletの受動態
3.haveの使役(使役動詞その3)
4.getの使役(使役動詞その4)
5.知覚動詞とは?
6.「〜がするのを」(知覚動詞その1)
7.「〜がしているのを」(知覚動詞その2)
8.「〜がされるのを」(知覚動詞その3)
   屐舛されるのを」
  動作が終了した直後
9.知覚動詞と形容詞としての分詞の違い(応用)

  1.「もしも〜なら、〜だろう」(仮定法過去)
2.「もしも〜だったら、〜だったろう」(仮定法過去完了)
3.仮定法過去と仮定法過去完了の応用(応用1)
4.If it were not for(もしも〜がなければ:応用2)
  If it were not forの「〜がなければ」
  If it had not been forの「〜がなかったら」
  but forとwithoutへの書き換え
5.wish(〜ならいいのに)
  wishと仮定法過去
  wishと仮定法過去完了
  2渉衙,了制の一致
6.as if(まるで〜のようだ:応用3)

  1.関係代名詞とは?
2.「who」(関係代名詞その1)
  whoの関係代名詞
  those whoについて
3.whose(関係代名詞その2)
4.whom(関係代名詞その3)
5.関係代名詞の制限用法と非制限用法(応用)

  1.関係代名詞の「which」
2.which(主語に対して:関係代名詞その1)
3.which(目的語に対して:関係代名詞その2)
4.which(所有に対して:関係代名詞その3)
  whichとof which
5.前置詞の目的語のwhich(応用1)
6.関係代名詞whichの非制限用法(応用2)
7.that(関係代名詞その4)
8.thatが主に使われる場合
9.what(関係代名詞その5)

  1.when(関係副詞その1)
2.where(関係副詞その2)
3.whenとwhere非制限用法(応用)
4.why(関係副詞その3)
5.how(関係副詞その4)
6.複合関係代名詞
7.複合関係副詞

  1.I’d like to(〜がしたい:「would」の応用1)
  I’d like to
  I’d like
2.I’d like you to(〜をしてほしい:「would」の応用2)
3.Would you like to(〜をしませんか:「would」の応用3)
  Would you like to
  Would you like
4.I’d rather(むしろ〜をしたい:「would」の応用4)
5.I’d rather+主語+動詞の過去形(「would」の応用5)
6.should have+過去分詞(「should」の応用1)
  仝絏・非難
  ⊃簑
7.仮定法のshould(「should」の応用2)
  _渉衙仝什澆砲弔い
8.If+should(万一〜だったら:「should」の応用3)
  if shouldの「万一〜だったら」
  were toの「万一〜だったら」

  1.may have+過去分詞(「may」の応用1)
  may have
  might have
2.may (might) as well(「may」の応用2)
3.may well(「may」の応用3)
4.can’t have+過去分詞(「can」の応用1)
5.can’t help 〜ing(「can」の応用2)
6.cannot 〜 too …(「can」の応用3)
7.had better(「have」の応用)
8.must have+過去分詞(「must」の応用)





英語目次カット



Copyright(c) 英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜 : サイト内の文章・図の無断掲載を禁じます