<英文法インデックスTOPへ>
<前の英文法「Day」へ> <次の英文法「Day」へ>

このページは旧版です。
最新版のレッスンページをご利用ください。
下をクリックすると最新版のページメニューへ飛びます。
http://www.englishcafe.jp/english3rd/englishindex.html




 



完了形(その3:現在完了進行形、過去完了、他)


今日は現在完了の進行形の他に、過去完了、未来完了についてふれていきます。





   現在完了進行形とは現在完了の進行形のことです。けれども不思議に思うかもしれません。それは現在完了がある過去から現在までの「継続」をあらわすことができるからで、わざわざ進行形にする必要はないと思うことができるからです。
 けれどもその継続をあらわすのは「know」や「live」など「状態」をあらわす動詞です。それはもしも「動作」をあらわす「play」や「talk」などをそのまま現在完了で使うと完了や結果をあらわしてしまうからです。
 そこで、動作をあらわす動詞で現在完了の継続をあらわすためには進行形にする必要があります。







   現在完了進行形は「have(has)」の後に「be動詞」の過去分詞「been」を続けてから動詞の進行形を続けます。型は<have(has) been+動詞の進行形>になります。

 How long have you been playing the violin?
 (あなたはどのくらいヴァイオリンを弾いていますか。)
 I have been playing the violin since I was a child.
 (私はヴァイオリンを子供のときから弾いています。)
 I have been studying English for six years. But I can't speak English.
 (私は英語を6年間勉強しています。けれども英語を話すことができません。)


 現在完了進行形には継続をあらわすために「since」や「for」を使います。







   動作をあらわす動詞を進行形にした場合としない場合との意味の違いは、たとえばShe has been reading a book.「彼女は本を読んでいました。」は、「何をしていましたか。」とたずねられたときの答えとして進行形にした場合の文ですが、意味はたずねられたときにちょうど本を読んでいる最中ということになります。
 けれどもShe has read a book.のように進行形にしない場合は「彼女は本を読み終えました。」と「完了・結果」をあらわすことになります。


 現在完了進行形でも「(たずねられたときに)ちょうど読み終えた。」ことをあらわすことがありますが、それは読んでいたけれどもたずねられた直前に読み終えたという意味です。





 I have baked the cake.とI have been baking the cake.では、,蓮屮院璽を焼きました。」と「完了・結果」の意味ですが、△蓮屮院璽を焼いていました。」という意味でちょうど焼き終えたところかもしれませんが、まだ焼いている最中かもしれません。







   過去完了とは名前の通り現在完了の過去形です。ある過去の時点における現在完了をあらわします。そして普通は「when」や「before」などで過去の時点を指します。
 たとえば、When I arrived at the airport, the plane had taken off.「私が空港に着いたときには、飛行機は離陸していました。」は、空港に着いた「ある過去の時点」で飛行機はすでに離陸していたという意味です。





 過去完了にはある過去の時点における現在完了の他に、ある過去の時点におけるさらに以前の過去という意味もあらわします。(これについてはDay25の「11」も参照してください。)
 けれどもその違いは区別しづらいことも多く、特にそれらを区別する必要はありません。

 また、She had smoked before she was twenty years old.「彼女は20歳になるまでに、タバコを吸いました。」は「before」以下のある過去の時点よりも前にタバコを吸ったことになります。
 それから「before」についてですが、上は接続詞として使っています。けれども副詞の場合は、現在完了では現在からみたある過去という意味でしたが、過去完了ではある過去からみたさらに前の過去を指します。
 I met John ten days ago.  I had met Ann before.
 (私はジョンに10日前に会いました。アンにはそれ以前に会いました。)


 現在完了に進行形があるように過去完了にも進行形があります。これは「過去完了進行形」といいますが、考え方は現在完了進行形と同じである過去の時点までの継続や進行中の動作をあらわします。型は<had been+動詞の進行形>です。
 Before she was a high school student, she had been playing the piano for ten years.
 (彼女が高校生になる前に、ピアノを10年間弾いていました。)







   未来完了は現在完了の未来形にあたります。未来のある時点に完了することや、未来のある時点までの継続をあらわします。
 型は「will」を「have」の前においた<will have+過去分詞>です。


 未来完了は上の型のように文が長くなるため口語ではあまり使いません。  口語では未来完了ではなくて、未来形を使います。

 また、ある未来の時点をあらわすための語が必要になります。たとえば「by」を使ってby the time 〜「〜の時まで」やby 10th「10日まで」などを使います。
 We will have finished our meal by the time you come back.
 (あなたが戻るまでには、私達は食事を終えているでしょう。)
 I started to save 10,000 yen a month. By the end of next year, I will have saved 200,000 yen.
 (私は月に1万円ずつお金を貯めることを始めました。来年の終わりまでには20万円を貯めたことになるでしょう。)




 未来完了にも進行形があります。これは「未来完了進行形」といいますが、考え方は現在完了進行形と同じです。そしてある未来の時点までの継続や進行中の動作をあらわします。
 けれども型が<will have been+動詞の進行形>というように自然と文が長くなるため口語ではあまり使われることがありません。
 You will have been playing the piano for twenty years by the time you graduate from university.
 (あなたは大学を卒業するまでに、20年間ピアノを弾いていることになるでしょう。)






今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。







<前の英文法「Day」へ> <次の英文法「Day」へ>



<英文法インデックスTOPへ>










Copyright(c) 英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜 サイト内の文章・図の無断掲載を禁じます