英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶>法助動詞の目次



 「法」とは(「法」については 0.1 法を参照。)、話し手の心的態度を表す動詞の語形変化のことをいう。「法助動詞」とは、話し手の心境について表す助動詞のことだが、ここでは「客観」と「主観」を用いてその意味を述べていく。
 なお、ここで扱う客観と主観については、「0.2 認識的用法と根源的用法」をまずは読んでいただきたい。
 (本文の例文に「*」がつけ加えられている場合は、それが不自然な例であることを示している。)


法助動詞の目次

序章
 0.1. 法
 0.2. 認識的用法と根源的用法(及び本書で言う主観と客観について)
 0.3. 法助動詞の主な意味
 0.4. 現在時制と過去時制


1章 法助動詞の主な用法
 1. can(客観性)
  1.1 能力(客観的意味)
  1.2. 許可(客観的意味)
  1.3. 可能性(客観性-主観的意味)

 2. may(主観性)
  2.1. 許可(主観性-客観的意味)
  2.2. 可能性(主観的意味)

 3. will(主観性)
  3.1. 意志(主観性-客観的意味)
  3.2. 予測(主観的意味)

 4. shall(主観性)
  4.1. 意志・義務(主観性-客観的意味)
  4.2. 予測(主観的意味)

 5. should(shallの過去時制)
  5.1. should(客観性)
   5.1.1. 義務(客観的意味)
   5.1.2. 可能性(客観性-主観的意味)
  5.2. 感情のshould

 6. must(主観性)
  6.1. 義務(主観性-客観的意味)
  6.2. 必然性(主観的意味)

 7. have to(客観性)
  7.1. 義務(客観的意味)
  7.2. 必然性(客観性-主観的意味)

 8. ought to(客観性)
  8.1. 義務(客観的意味)
  8.2. 可能性(客観性-主観的意味)

 9. need(客観性)

 10. dare(客観性)


2章 その他
 1. 間接話法と法助動詞

 2. 仮定法
  2.1. 仮定法
  2.2. 丁寧表現

 3. 完了形との共起

 4. 否定文と疑問文
  4.1. 否定文
  4.2. 疑問文


参考文献











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます