英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶法助動詞>10. dare(客観性)




 

10. dare(客観性)

 dareも法助動詞よりは動詞として用いられることが多く。また、疑問文と否定文で用いられるのだが、これはneedの法助動詞と類似している。そして意味は「~の勇気がある」や「あえて~をする」である。

 (1)
  a. I daren't tell her the sad news.
  (彼女はその悲しい知らせを伝える勇気がない。)
  b. Dare you speak?
  (口をきく勇気がありますか。)
  c. How dare you show your face?
  (よくも顔を出せたものだね。)
 
 dareは動詞として用いられることが多いが、その場合toが続くときと省略されるときがある。toが省略されるときは動詞と法助動詞の区別が曖昧になる。

 また、(1c)のようにHow dareで始めるときは「よくも~ができるね」のように相手に対しての憤慨を表すが、いわば感嘆文である。


 ところで、daredはdareの過去時制だが、否定文と疑問文で用いられる。

 (2)
  a. Nobody dared speak to her.
  (誰も彼女に口をきく勇気がなかった。)
  b. How dared he contradict his boss?
  (よくも彼は上司に口答えをしたものだ。)











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます