英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶法助動詞>1.2. 許可(客観的意味)




 

1.2. 許可(客観的意味)

 「許可」という意味から、主語とされるのは普通「人」となる。
 許可の意味ではmayも用いられるが、mayの許可は形式的である。また、mayは個人の権力から与えられる許可の意味もあるため、口語においての許可の意味ではcanのほうがよく用いられる。このことについては「2.1 may」のところでもう一度述べる。

 (10)
  a. You can stay here as long as you like.
  (好きなだけここにいていいですよ。)
  b. You can't smoke here.
  (ここでタバコを吸ってはいけません。)
  c. Can I borrow your pen?
  (ペンを借りてもいいですか。)

 (10c)のように一人称を用いた疑問文は、許可を求めることの他に「依頼」や「申し出」を表すこともある。

 (11)
  Can I get you something to drink?
 (何か飲み物はいかがですか。)

 「依頼」については、二人称を用いた疑問文で表されることが多い。

 (12)
  a. Can you get me a taxi, please?
  (タクシーを呼んでいただけますか。)
  b. Can you pass me the salt, please?
  (塩をとっていただけますか。)


 またcanの「許可」について、過去時制のcouldを用いた例は、次節の「1.3 canの可能性」のところであわせて述べている。











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます