英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶法助動詞>4.2. 疑問文




 

4.2. 疑問文

 疑問文においても法助動詞の用い方には異なることがある。それは主観的な意味合いを持つ場合は、通常疑問文では用いないからである。
 たとえばmustの「可能性」は主観的意味合いがあるが、そのために疑問文では普通用いられない。それは話し手の主観的判断について、相手に聞くことになるためである。

 (1)
  a. Must John come by nine o'clock?
  (ジョンは9時までに来なければなりませんか。)
  b.*Must it be Mary?

 (1a)は義務を表すが、疑問文でも用いられる。しかし、(1b)のように主観的判断による場合は用いることができない。

 ただし、(1b)のような例でも、相手に対して考えを確認する場合(相手の断定的推測に対する異議なども含む)や、自問をする場合は疑問文でも用いられる。

 (2)
 Must it be Mary? It could be John.
 (メアリーに違いないよね。ジョンじゃないかな。)


 以上はmustの例だが、主観的可能性の意味を同様に持つmayやmightにもこのことは言える。したがって(3a)は不自然だが、代わりに(3b)を用いることになる。

 (3)
  a. *May she be studying in the library?
  b. Do you think she will be studying in the library?

 (3a)を日本語訳にした場合、「私は彼女が図書館で勉強していると思いますか。」のように、主観的判断を聞くことになるので不自然である。(*27)


*27  mightは疑問文で用いられることがあるが、それでも多くはない。













Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます