英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶法助動詞>2. 仮定法




 

2. 仮定法

 法助動詞の過去時制は、仮定法でも用いられる。


2.1. 仮定法
 仮定を表すのに、could、might、would、shouldの4つが主に用いられるが、この中でもよく用いられるのはwouldである。

 (1)
  a. You could pass the exam if we tried harder.
  (一生懸命やれば試験に合格できるだろうに。)
  b. I would go and see her if I were you.
  (私だったら、彼女に会いに行くよ。)

 (仮定法過去についてはThe sense of time in EnglishⅡでふれています。
 また仮定法過去完了についてもこちらで述べています。)











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます