英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶法助動詞>8. ought to(客観性)




 

8. ought to(客観性)

 ought toは法助動詞だが、他の法助動詞と異なりto不定詞を続けなければならない。そして主な意味は次の2つである。

 (1)
  a. 義務(客観的意味)
  b. 可能性(客観性-主観的意味)

 ought toの意味は、shouldに近い。そこでshouldとは書き換えることができる場合も多いが、普通はshouldのほうを用いる。
 また、ought toには過去時制がないので、時制の一致ではそのままの形式を用いる。











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます