英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 法助動詞

英語喫茶法助動詞>8.1. 義務(客観的意味)




 

8.1. 義務(客観的意味)

 ought toの義務は強制の意味がなく、「客観的立場」から話し手が判断していることになる。
 したがって、相手がそれを行うかどうかについては不明となる。

 (2)
  a. Jelly ought to be eaten frozen.
  (ジェリーは凍らせて食べるのがいい。)
  b. You ought to see a doctor.
  (医者にみてもらうべきだ。)

 (2b)は相手に対する忠告の意味にもなるが、その相手が医者のところに行くかどうかは不明である。











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます