英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>推量と許可のmayとmight(助動詞) Day10



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 10

推量と許可のmayとmight(助動詞)

 今回は推量と許可を表す助動詞mayの使い方についてふれていきます。
 またmayの過去形mightについても見ていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「may」


   「may」には「~かもしれない」というように推量(可能性)や、「~をしてもよい」というように許可の意味があります。型は<主語+may+動詞の原形>で、「may」の後に動詞を続けます。否定形は「may not」になります。次は推量と許可の意味別に示しています。

・<推量(可能性)の「may」>
 I may go to the movies tomorrow.(明日映画を見に行くかもしれません。)
 It may rain tomorrow.(明日は雨になるかもしれない。)
 He may be wrong.(彼が間違っているかもしれない。)
 She may not come to the party.(彼女はパーティーに来ないかもしれない。)


 推量の確信度は「should」や「will」、「must」よりも低いです。可能性の低さや自信のなさが意味の中に含まれます。

 (参照:mayの推量についての詳細は、法助動詞(2.2.)。)


・<許可の「may」>
 You may go now.(もう帰っていいよ。)
 You may do as you like here.(ここでは好きなようにしていいですよ。)
 You may not stay here.(ここにとどまってはいけません。)


 この許可の「may」には、目上の人が許可を与えるという権威的な印象があります。したがって会話では「can」のほうがよく使われています。この「can」の「許可」の意味については、次回でふれていきます。

 (参照:mayの許可については、法助動詞(2.1.)。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「may」の疑問形(許可を求める)


   「may」には許可の意味がありますが、疑問文では許可を求めることができます。そうすると、「~をしてもよろしいですか」という意味になります。型は<May I+動詞の原形>で、「May I」は固定していますが、その後に動詞を続けるだけです。

 <Can I+動詞の原形>も許可を求めるのに使うことができますが、「May」のほうが相手を尊重する丁寧な言い方になります。それは「may」には権威的印象があるからです。「may」を疑問文で使うことによって、相手を目上と位置づける効果があります。
 しかし堅苦しい言い方になるので、「Can」のほうがよく使われています。この「Can」については次回でふれていきます。

 May I come in?(中に入ってもいいですか。)
 May I smoke?(タバコを吸ってもいいですか。)


 (参照:mayの許可についての詳細は、法助動詞(2.1.)。)


 「May I ~ ?」と「Shall I ~ ?」には、次のような違いがあります。

 「May I ~ ?」 → 相手に「許可」を求めます。
 「Shall I ~ ?」 → 相手に「提案」をします。

 「May I ~ ?」に対する答えとして、Yes, you may. は権威的な印象を与えますので、Yes, you can. のほうがよく使われます。

 また「may」を使って祈願をあらわすことがあります。
 型は<May+主語+動詞の原形>で、「may」と主語の語順が変わります。しかしこれは文語的です。

 May the new year bring you happiness!
 (新年が良い年でありますように。)








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「may」の過去形「might」


   「might」は「may」の過去形です。「may」と同じ推量と許可の意味がありますが、推量の場合はより実現の可能性が低いことを表します。許可の場合は、控え目な表現になります。しかし推量の意味以外には、あまり使われません。

 「might」過去形ですが、表すのは現在のことです。

 She might be in London by now.
 (彼女はもうロンドンに着いているかもしれない。)(推量)
 He might take you for a girl.
 (彼はあなたを女の子と間違うかもしれない。)(推量)
 [take A for B = AをBだと思う]


 「might」の推量は「may」よりも実現の可能性が低くなりますので、「(ひょっとして)~かもしれない」という意味が含まれます。しかし最近は、「may」と「might」の間にはあまり差がなくなっています。

 また「may」は許可に、「might」は推量に使う傾向があります。

 (参照:mightの詳細(mayとともに説明しています。)は、法助動詞(2以降)。)




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
推量のmay とbe going to について
問題数:7問

選択式問題の解説

基礎からの英語学習-確認問題2
許可のmay について
問題数:3問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
mayの推量と許可の表現について
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
may Iの許可とmightの推量の表現について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の推量と許可の may と might 基礎からの英語学習10日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます