英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>提案のshallと助言のshould(助動詞) Day9



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 9

提案のshallと助言のshould(助動詞)

 今回は英語の助動詞shallの使い方についてです。提案を表すshallについてと、shallの過去形shouldについて見ていきます。このshouldは助言を表すことができます。

基礎からの英語学習-1項目目

「shall」


   「shall」は普通、一人称にしか使われません。もしもそれ以外で使うと文語調になります。また単純に未来を表す場合は「shall」が使われていましたが、最近は人称に関係なく「will」がよく使われています。そこでここでは、「shall」を疑問文で使って「私がしましょうか」というように、提案をする表現についてふれていきます。

 型は<Shall+Iまたはwe+動詞の原形>です。

shallの使い方について shallの使い方について

 Shall I help you?(手伝いましょうか。)
 Shall I read to you ?(あなたに読んで聞かせましょうか。)

 答え方は、Yes, please.やNo, thank you.などがあります。

 Shall we make it Monday?(それは月曜日にしましょうか。)
 Shall we go to the movies?(映画を見に行きませんか。)
 Shall we go home?(帰りましょうか。)


 「Shall we ~ ?」は、「Let's+動詞」と同じ意味で会話では使われます。

 (参照:shallの詳細については、法助動詞(4以降)。)








英文法の休息







基礎からの英語学習-第2項目目

「shall」の過去形「should」


   「should」は「shall」の過去形です。「~をしたほうがいいですよ」や「~をするべきです」というように、「義務」や「当然のこと」を表します。「助言」の意味で使われることが多いですが、形は過去形でも話していることは現在の時点です

 型は<主語+should+動詞の原形>で、shouldに動詞を続けるだけです。否定形は「should not (またはshouldn't)」になります。

 It was a good movie. You should see it.
 (それはいい映画でしたよ。見たほうがいいですよ。)
 You should apologize to her for your behavior.
 (彼女にあなたの行動について謝ったほうがいい。)
 [apologize = 謝る<apologize+to人+for事>、behavior = 態度;行動]
 You should see a doctor.(医者にみてもらったほうがいいですよ。)
 [see(consult) a doctor = 医者にみてもらう]


 「should」は「~をするはずだ」や「たぶん~だろう」というように、「推量」を表すこともできます。確信度は次でふれる「may」よりも強いですが、「must」よりは弱いです。
 また、形は過去形でも現在のことを表します。

 She is coming by car. She should arrive in twenty minutes.
 (彼女は車で来ます。20分で到着するはずです。)
 According to the weather forecast, it should rain today.
 (天気予報によれば今日は雨が降るはずだ。)


 (参照:このshouldの詳細は、法助動詞(5.1.2.)。)


 「should」を否定形で使うと「~をしないほうがいいですよ」となります。

 You shouldn't stay at home all day long.
 (一日中家にいてはだめですよ。)
 [all day long = 一日中]
 She shouldn't speak so loudly.
 (彼女はあんな大きな声で話さないほうがいい。)


 「ought to」も「should」と同じように「~をしたほうがいい」という助言の意味で使うことができます。型は<主語+ought to+動詞の原形>で、「ought to」の後に、動詞を続けます。しかし「should」のほうがよく使われます。

 It was a good movie. You ought to see it.
 (それはいい映画でしたよ。見たほうがいいですよ。)


 (参照:ought toの詳細については、法助動詞(8以降)。)




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
shall の使い方について
問題数:5問

選択式問題の解説

基礎からの英語学習-確認問題2
should の使い方について
問題数:5問

選択式問題の解説

 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
shall Iの提案表現について
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
shouldの助言と推量の表現について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の提案の shall と助言の should 基礎からの英語学習9日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます