英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習推量と許可のmayとmight Day10>推量のmay とbe going to について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  推量のmayとbe going toについて




解説です

 「may」には「推量」の意味があります。
 またその過去形である「might」には、「may」よりも実現の可能性が低い「推量」の意味があります。

 be going toは、あらかじめ決まっていることを表すのに使います。
 ここでは「may」または「might」との比較をしながら解答を考えていきます。

 問題文に( )がある場合、その中の英文は、問題文が確定的なことか、または推量的なことかを表しています。


問題1について
 解答は次のようになります。
 I might go out tonight.

 問題文で( )に、It is possible.とあります。つまり「可能性」を意味しているということです。そこで解答としては「may」または「might」を選択しますが、ここでは「might」を使っている文を選択します。
 解答は「私は今夜出かけるかもしれない。」という意味を表します。


問題2について
 解答は次のようになります。
 I might leave something in the house.

 leave something in the houseで、「家の中に何かを置き忘れる」という意味になります。
 この場合「置き忘れる」ことについては、普通あらかじめ決まっていることではありませんので、「might」のほうを選択します。
 解答は「私は家の中に何かを置き忘れたかもしれない。」という意味になります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 I might miss it.

 「miss」には、「乗り遅れる」や何かを「しそこなう」という意味があります。このような意味から、より適切となる「~かもしれない」という意味の「might」を選択していきます。


問題4について
 解答は次のようになります。
 I think I might feel a bit sick now.

 a bit sickで、「少し身体の加減が悪い」という意味になります。そのような意味から、「少し体調が悪いかもしれない」というような意味で、「might」のほうを選択します。


問題5について
 解答は次のようになります。
 I am going to spend some time with my family.

 「spend」は「使う」という意味の動詞です。spend some timeで「時間を使う」という意味になりますが、spend some time with my familyは、「時間を家族と過ごすのに使う」という意味合いになります。

 ( )の中にIt is sure. があるように、「確信」を意味することから、ここではbe going toを使う文を選択します。


問題6について
 解答は次のようになります。
 I'm going to study at home in the evenings.

 ここでも( )にIt is sure. があります。つまり「確信」を意味することから、be going toを使う文を選択していきます。
 I'm going to studyで、「私は勉強をするつもりです」という意味になります。


問題7について
 解答は次のようになります。
 She might not come to the party.

 ( )の中にIt is possible. があるように「可能性」を意味することから、「might」を使う文を選択します。
 またここでは否定形を使っています。「may」または「might」の否定形は「not」を後ろに置きます。
 She might not comeで、「彼女は来ないかもしれない」という意味になります。









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます