英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>関係代名詞4 thatとwhat Day79



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 79

関係代名詞4 thatとwhat

 今回はthatによる関係代名詞についてふれていきます。
 またwhatによる関係代名詞についてもふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「that」(関係代名詞その1)


   関係代名詞の「that」は、主語と目的語として使うことができます。さらに「人」と「物事」の両方に対して使うことができます。
 しかし、「whose」のように所有を表すことはできません。

 また、口語では「that」がよく使われますが、「who」と「that」の2つを比較した場合では、「who」のほうがよく使われます。

 She is the woman that (who) teaches English at university.
 (彼女は大学で英語を教えている女性です。)
 The car that I bought last year was inexpensive.
 (私が去年買ったその車は高くはなかったです。)

 基本的な文の作り方については、基礎からの英語学習Day65と同じです

 「that」は非制限用法としては使うことができません。
 制限用法と非制限用法については英文法の発展的学習 28を参照してください。






基礎からの英語学習-第2項目目

「that」が主に使われる場合


   関係代名詞「that」が口語とは関係なく、主に使われる場合には次の3つがあります。

1<先行詞に最上級が使われている場合>

 That is the most interesting movie that I have ever seen.
 (あの映画は私が今までに見た中で一番おもしろいです。)

 I have ever seen. は「私が今までに見た。」という意味です。
 これを最上級の後ろに続けると「私が今までに見た中で一番です。」という意味になります。


 上の「seen」の代わりに「done」を続けると、「私が今までにした中で一番です。」という意味になります。


2<先行詞に「the only」などが使われている場合>
 「the only」、「the first」、「the same」などが使われている場合です。

 This is the only book that I can't understand.
 (これは私が理解できない唯一の本です。)


3<先行詞に「all」などが使われている場合>
 「all」、「any」、「no」や「anything」、「nothing」などの合成語が使われている場合です。

 Is there anything that we can do?
 (私達のできることが何かありませんか。)


 「that」は非制限用法には使われませんが、前置詞の後に続くような場合も使うことができません。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「what」(関係代名詞その2)


   関係代名詞の「what」は、他の関係代名詞とは異なり先行詞を必要としません。それは「what」が先行詞とセットになっているからです。
 たとえば次の例を見てください。

 What he says is true.
 (彼が話すことは本当のことです。)

 上の例では先行詞を見ることができません。
 それは「what」には、「that which」または「those which」のように表されるように、先行詞が含まれているからです。
 そこで関係代名詞「what」の意味は、「~をする事(物)」になります。

 This is what I need.(これが私の必要なものです。)
 What we have to decide is when we'll bring this to market.
 (私達が決定しなければならないのは、いつこれを市場へ導入するかです。)


 関係代名詞の「what」には、もう1つ別の先行詞があります。
 それは「anything that」で表されます。この場合は「~をするものは何でも」という意味になります。

 You may take what you like.
 (あなたが好きなものは何でも取っていっていいですよ。)




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
関係代名詞(that)の使い方について
問題数:5問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
関係代名詞(that, what)について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の that と what の関係代名詞 基礎からの英語学習79日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます