英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>関係代名詞3 which Day78



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 78

関係代名詞3 which

 今回は関係代名詞の続きになります。whichによる関係代名詞についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

関係代名詞の「which」


   関係代名詞の「which」は、物や事、動物に対して使います。「who」のように、「人」に対して使うことはできません(この「who」については、基礎からの英語学習Day76を参照してください)。
 「who」は主語、「whose」は所有、「whom」は目的語の代わりとして使いますが、「which」は主語と目的語の代わりとして使うことができます。しかし所有を表すことに対しては、「whose」または「of which」を代わりに使います。






基礎からの英語学習-第2項目目

「which」(主語に対して:関係代名詞その1)


   次の例を見てください。

 I bought the dictionary which was published recently.
 (私は最近出版された辞書を買いました。)

 上の例で先行詞は「the dictionary」です。そしてその「物」に対して関係代名詞「which」を使います。
 この文は次の2つからできています。

 ①I bought the dictionary.
 ②It was published recently.

 ②の「It」は①の「the dictionary」のことです。この「It」は②の主語ですが、「which」と置き換えて文を一緒にします。(図による説明は、基礎からの英語学習Day76の「who」を参照してください。)
 次はその他の例です。

 He has a watch which was sold at an internet auction.
 (彼はインターネットオークションで売られていた時計を持っています。)
 John bought a car which is rare.(ジョンは珍しい車を買いました。)


 関係代名詞の「which」も考え方は「who」と同じで、先行詞を限定させるために使います。
 上の He has a watch which was sold at an internet auction. も、He has a watch だけなら「彼が持っているのは単なる時計」ということになります。しかし「which」は「その中でもインターネットオークションで売られていた時計」というように、先行詞「a watch」を限定しています。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「which」(目的語に対して:関係代名詞その2)


   次の例を見てください。

 He looked up a word in the dictionary which I gave yesterday.
 (私が昨日渡した辞書で彼は単語を引きました。)

 上の例で、先行詞は「the dictionary」です。これは次の2文からできています。

 ①He looked up a word in the dictionary.
 ②I gave it yesterday.

 ②の「it」は①の「the dictionary」のことです。この「it」は②の「gave」の目的語になっていますが、これも「which」と置き換えて文を一緒にします。


 I haven't sent the letter (which) I wrote five days ago.
 (私は5日前に書いた手紙を出していません。)
 My uncle ate the apples (which) we brought.
 (私の叔父は私達が持ってきたリンゴを食べました。)

 上のように「which」を( )で囲んでいるのは、その「which」がよく省略されるからです。このように目的語を指す関係代名詞はよく省略されます。これは「whom」についても同様です。






基礎からの英語学習-第4項目目

「which」(所有に対して:関係代名詞その3)


   所有を表す場合は、「which」をそのまま使うことができません。代わりに「whose」または「of which」を使います。「whose」は人に対してだけではなく、このように物や事に対しても使うことができます。

 This is the dictionary whose cover is beautiful.
 (この辞書の表紙は綺麗です。)


 これは基礎からの英語学習Day77の「1」と同じ考え方です。


 また、次の例も見てください。

 This is the dictionary, the cover of which is beautiful.

 上は「whose」の代わりに「of which」を使った例です。これは次の2つからできています。

 ①This is the dictionary.
 ②Its cover is beautiful.

 ②の「Its cover」は「the dictionary's cover」ということになります。


関係代名詞(of which)の用法について 関係代名詞(of which)の用法について



 Its cover は of which cover とはならずに、the cover of which になります。
 また冠詞を使う場合、関係代名詞は先行詞を限定をするので、定冠詞「the」がよく使われます。

 次は「whose」と「of which」の両方を使って表した例です。

 I have a car whose seats are made of leather.
 I have a car, seats of which are made of leather.
 (私は座席が皮でできている車を持っています。)

 We sought out the ship whose nationality was unknown.
 We sought out the ship, the nationality of which was unknown.
 (国籍の不明な船を探し出した。)

 「of which」を使う場合、「,」で区切ることが多いです。


英文法の発展的学習へ 関係代名詞whichの発展的学習は英文法の発展的学習29を参照してください。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
関係代名詞(which)の使い方について
問題数:6問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
関係代名詞(which)について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の which の関係代名詞 基礎からの英語学習78日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます