英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習関係代名詞4 thatとwhat Day79>関係代名詞(that)の使い方について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  関係代名詞(that)の使い方について




解説です

 関係代名詞の「that」についての問題です。
 この「that」は、主語と目的語として使います。さらに「人」と「物事の」の両方に使うことができます。
 ただ「whose」のように「所有」を表すような使い方はできません。


問題1について
 解答は次のようになります。
 That is the most interesting movie that I have ever seen.

 まずは問題文を2つに分けてみます。すると次のようにすることができます。
 1.That is the most interesting movie.
 2.I have ever seen it.

 1の文は最上級の文です。そして2の文は現在完了形を使った文です。
 2の「it」は、1のthe most interesting movieを指しています。そこで2の「it」を、「that」に置き換えます。
 I have ever seen that  ここから「that」を文頭に持って行きます。そして1の「movie」の後ろに置きます。
 That is the most interesting movie that I have ever seen. で、「あの映画は私が今まで見た中で一番おもしろいです。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 Is there anything that we can do?

 問題文ですが、2つに分けてみます。すると次のようにすることができます。
 1.Is there anything?
 2.We can do it.

 2の「it」は、1の「anything」を指しています。そこで2の「it」を、「that」に置き換えます。
 We can do that  ここから「that」を文頭に持って行きます。そして1の「anything」の後ろに置きます。
 Is there anything that we can do? で、「私たちのできることが何かありませんか。」という意味になります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 This is the only book that I can't understand.

 まずは問題文を2つに分けるとすると、次のようにすることができます。
 1.This is the only book.
 2.I can't understand it.

 2の「it」ですが、これは1の「the only book」を指しています。そこで2の「it」を、「that」に置き換えます。
 I can't understand that  そしてこの「that」を文頭に持って行ってから、1の「book」の後ろに置きます。
 This is the only book that I can't understand. で、「これは私が理解できない唯一の本です。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 The classroom whose windows were broken is forbidden.

 ここからの問題は、これまでとは違いますので注意してください。
 まずは問題文を2つに分けてみます。すると次のようにすることができます。
 1.The classroom is forbidden.
 2.Its windows were broken.

 ここで注意するのは、2の「its」です。それはこの「its」が、1のthe classroomを指しているからです。「its」は「~の」という意味です。そこからここでは「whose」を使うことになります。

 whose windows were broken  上のようになります。「that」は「~の」という意味を表すことができません。そこで代わりに「whose」を使います。
 上の文は、1のThe classroomの後ろに置きます。  The classroom whose windows were broken is forbidden. で、「窓ガラスが割られた教室は立ち入りが禁止されています。」という意味になります。


問題5について
 解答は次のようになります。
 The woman whose picture they exhibit is not an artist.

 この問題も、1つ前の問題と同じ考え方になります。
 まずは問題文を2つに分けてみます。すると次のようにすることができます。
 1.The woman is not an artist.
 2.They exhibit her picture.

 ここで注意するところは、2の「her」です。これは1の「the woman」を指しています。
 そして「her」の「~の」という意味から、「whose」を使います。ここで「that」を使うことはできません。
 They exhibit whose picture  そしてwhose pictureを文頭に持って行きます。 
 whose picture they exhibit  これを1のThe womanの後ろに置きます。
 The woman whose picture they exhibit is not an artist. で、「彼らが展示している絵を描いた女性は画家ではありません。」という意味になります。









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます