英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
発展の1
発展の2
発展の3
発展の4
発展の5
発展の6
発展の7
発展の8
発展の9
発展の10
発展の11
発展の12
発展の13
発展の14
発展の15
発展の16
発展の17
発展の18
発展の19
発展の20
発展の21
発展の22
発展の23
発展の24
発展の25
発展の26
発展の27
発展の28
発展の29
発展の30
発展の31
発展の32
発展の33
発展の34
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 英文法の発展的学習

英語喫茶英文法の発展的学習>関係代名詞whichの応用 発展の29




もう少しだけ踏み込んだ英語学習
英文法の発展的学習
29

関係代名詞whichの応用


基礎からの英語学習-1項目目

前置詞の目的語の「which」


   「of which」は所有をあらわしますが、この他に「to which」や「for which」、「with which」のように関係代名詞の「which」が前置詞の目的語になる場合があります。次の例を見てください。

 The discussion to which we introduced a new plan is under consideration.
 (私達が新しい計画を持ち出した討論は、議論中です。)

 ここで使われている関係代名詞の「which」は「to」の目的語になっています。
 この文は次の2文からできています。

 ①The discussion is under consideration.
 ②We introduced a new plan to it.

 ②の「it」が①の「The discussion」のことです。そして②の「it」を「which」に置き換えて、前置詞の「to」と一緒に②の文頭に持ってきてから①に挿入して文を一緒にしています。

関係代名詞の前置詞の目的語について 関係代名詞の前置詞の目的語について

 前置詞の目的語の「which」は省略をすることができません。
 口語では前置詞が残されて「which」だけが前に移動してきます。その場合の「which」は省略されます。

 The discussion we introduced a new plan to is under consideration.


 これは他の関係代名詞でも同じです。

 The man to whom we'll apply this rule committed an injustice.
 (私達がこの規則を適用するその人は、不正を働きました。)

 上の文は、次の2つからできています。

 ①The man committed an injustice.
 ②we'll apply this rule to him.

 口語では前置詞が残されます。そして関係代名詞は省略されます。

 The man (who) we'll apply this rule to committed an injustice.

 「whom」を残す場合は、そのまま残さずに上のように「who」にするのが口語的です。






基礎からの英語学習-第2項目目

関係代名詞「which」の非制限用法


   関係代名詞「which」の非制限用法も先行詞を明確にするわけではなく、その先行詞に説明を加えていきます。そして、「which」の前には「,」をおきます。

 I borrowed her book, which is difficult for me.
 (私は彼女の本を借りましたが、それは私にとって難しいです。)

 この「which」は「her book」を特に明確にすることなく、その説明を加えています。この場合、「and」や「but」の意味になります。

 The jewel, which I gave to her, is her favorite.
 (私があげた宝石は彼女のお気に入りです。)
 He wrote her a letter, which she didn't answer.
 (彼は彼女に手紙を書きましたが、彼女は返事を出しませんでした。)


 非制限用法の「which」は、目的語に相当していても省略することができません。

 ところで、「which」の非制限用法には、上のように語句を先行詞にする他に、文の内容を先行詞にすることもできます。

 He quit the job, which was not surprising.
 (彼は仕事を辞めたが、驚くことではなかった。)
 John said he could swim, which was a lie.
 (ジョンは泳げると言ったが、それはうそでした。)






英文法の発展的学習 練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習の発展的学習の記述式練習問題1
関係代名詞which の応用
問題数:5問


 



基礎からの英語学習の発展的学習カット






<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます