英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>関係代名詞 基本とwho Day76



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 76

関係代名詞 基本とwho

 今回からは関係代名詞についてです。
 関係代名詞の基本と、関係代名詞のwhoについてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

関係代名詞とは?


   関係代名詞とは「who」、「whose」、「whom」や「which」、「that」、「what」などのことをいいます。これらは疑問詞として使いますが、関係代名詞としても使います。

 そして関係代名詞とは、簡単にいうと、2つの文を1つの文にすることを言います。このとき一方の文は、もう一方の文のある名詞を説明(限定)します。この限定される名詞は、「先行詞」といいますが、詳しいことは次から説明していきます。

 関係代名詞は、一方の文の名詞が「人」の場合、「who」、「whose」、「whom」のいずれかを使います。今回はこれらの3つについてふれていきます。






基礎からの英語学習-第2項目目

「who」(関係代名詞その1)


   関係代名詞の「who」は、「誰」や「誰」というように、「人」に対して使います。たとえば、次の例を見てください。

 I know the woman who is playing the violin.

 上の例 は「私はヴァイオリンを弾いているその女性を知っています。」という意味の文ですが、これは次のように2つの文を一緒にしています。

 ①I know the woman.
 ②She is playing the violin.

 ②の「She」は、①の「the woman」のことです。そこで②の文は、①の「the woman」について限定している文ということになります。
 そしてこの①と②を一緒にするために、関係代名詞を使っていきます。ここで「She」を「who」と置き換えると、最初の例ができてきます。


関係代名詞(who)の用法について 関係代名詞(who)の用法について



 上で、「who」の後(関係詞節)が、「the woman」のことを説明(限定)しています。このとき限定される名詞句を「先行詞」といいます。
 多くの女性の中からヴァイオリンを弾いている女性というように、その女性のことを限定させるために関係代名詞を使っています。


 I need a friend who speaks English.
 (私は英語を話す友人がほしいです。)
 There are people who work at a department store.
 (デパートで働いている人達がいます。)
 The man who is wearing a black shirt is a manager in this hotel.
 (黒いシャツを着ているその人は、このホテルの支配人です。)

 1つ目の例でも、I need a friend. だけなら、「単に友人がほしい」という意味になります。
 後の who speaks English は、a friend についてその意味を「限定」しています。


 関係代名詞の動詞の形は、先行詞に合わせます。上の場合2つ目の文の「work」は、先行詞「people」に合わせるので語尾に「s」がつきません。



 「those」に「who」を続けて、「~をする人達」という意味で使うことができます。この場合の「those」は「those people」という意味になります。

 Those who came late to school were scolded by the teacher.
 (学校に遅刻した人達は、先生に怒られました。)
 Those who want to stay here may do so.
 (ここにいたい人達は、そうしてもいいですよ。)








 
英文法の休息




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

※ここの問題では次のレッスンに関する問題も含まれています。今回のレッスンを踏まえて、次回のレッスンの感じもつかんでおきましょう。

基礎からの英語学習-確認問題1
関係代名詞(whoなど)の使い方について
問題数:6問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

※ここの問題では次のレッスンに関する問題も含まれています。今回のレッスンを踏まえて、次回のレッスンの感じもつかんでおきましょう。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
関係代名詞(who, whose, whom)について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の who の関係代名詞 基礎からの英語学習76日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます