英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 74

仮定法

 今回からは仮定法について見ていきます。その名の通り、仮定的な意味を表します。
 今回は仮定法過去と仮定法過去完了についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「もしも~なら、~だろう」(仮定法過去)


   たとえば次の例を見てください。

 If I had much money, I could buy it.

 上の例は「もしも私がもっとお金を持っているのなら、それを買うことができるだろうに。」という意味になります。
 この例の考えられる状況は、どこかの店で買いたい物を見つけたけれども、お金が足りないことに気づいた場合です。

 このように「もしも~なら」というように、実際のこととは違うことを仮定して表すことを「仮定法」といいます。そしてこの例のように、現在の時点の仮定をすることを「仮定法過去」といいます。

 仮定法過去は次のように長い型ですが、数式のようにあてはめるだけで作ることができます。

 <If+主語+過去形, 主語+助動詞の過去形+動詞の原形>

 上のようにif節で「過去形」を使い、主節で助動詞の過去形を使います。


 助動詞の過去形には、「could」、「would」、「might」、「should」が使われます。


 仮定法過去について図にすると次のようになります。

仮定法過去の時間的な意味について 仮定法過去の時間的な意味について



 「仮定法過去」というように後ろに「過去」の文字が続いていますが、表しているのは現在の時点のことです。


 If she worked harder, she would succeed.
 (もしも彼女が一生懸命働くのなら、成功するだろうに。)

仮定法過去の文型について 仮定法過去の文型について


 If you arrived at the airport by 15 o'clock, you could meet her before departure.
 (もしもあなたが15時までに空港に到着するのなら、出発前の彼女に会えるだろうに。)
 If you tried again, you might pass.
 (もう一度試みたら、合格するかもしれない。)


 仮定法が表す意味は、あくまでもその名の通り「仮定」になります。したがって、現実には起きていないことを意味します。

 たとえば上の例でも If she worked harder, she would succeed. は、彼女は実際に一生懸命働いてはいないことを意味しています。また、If you arrived at the airport by 15 o'clock, you could meet her before departure. は、実際は15時までに空港に到着できないことを意味に含みます。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第2項目目

「もしも~だったら、~だったろう」(仮定法過去完了)


   「1」の「仮定法過去」は現在の時点の仮定を表しますが、この「仮定法過去完了」は過去の時点の仮定を表します。
 たとえば、次の例を見てください。

 If I had left home early, I would have been on time.

 上の例は「もしも私が早くに家を出ていたら、時間に間に合っていただろう。」という意味ですが、これは過去のことに対しての仮定を意味しています。「あのとき~をしていたら」という意味が含まれます。

 仮定法過去完了の型も長いですが、これも数式のようにあてはめるだけです。

 <If+主語+過去完了の形, 主語+助動詞の過去形+have+過去分詞>

 上のようにif節で過去完了形を使い、主節で「助動詞の過去形+have+過去分詞」を使います。


仮定法過去の時間的な意味について 仮定法過去の時間的な意味について


 If I had had enough money, I could have bought the picture.
 (もしも十分なお金を持っていたら、その絵を買えただろう。)

仮定法過去完了の文型について 仮定法過去完了の文型について


 If we hadn't spent three hours in a traffic jam, we could have seen the aquarium.
 (3時間も交通渋滞でとられなかったら、水族館を見られたでしょう。)


 仮定法過去完了も仮定法過去と同じように、あくまでも「仮定」を表しています。したがって、その意味するものは過去の時点において実際は起きなかったことです。


英文法の発展的学習へ この仮定法の発展的学習は英文法の発展的学習27を参照してください。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
仮定法について
問題数:5問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
仮定法過去、仮定法過去完了について
問題数:5問

記述式問題の解説


 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の仮定法 基礎からの英語学習74日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます