英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>soの接続詞 Day53



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 53

soの接続詞

 今回はsoを使った接続詞についてです。so thatの構文についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「so」(それで)


   「so」は接続詞として「それで」や、「したがって」という意味で使うことができます。
「so」の後には、「主語+動詞」(節)を置きます。

 It was cold, so I closed the window.
 (寒かったので、私は窓を閉めました。)
 We were tired, so we took a taxi.
 (私達は疲れていたので、タクシーを使いました。)






基礎からの英語学習-第2項目目

so ~ that …(~なので … です)


   「so+形容詞・副詞+that節(that+主語+動詞)」で、「(形容詞・副詞)なので、(that節)です」というような意味を表すことができます。
 たとえば I got up so early that I had a good time drinking coffee. は、「私はずいぶん早く起きたので、ゆったりとコーヒーを飲みました。」という意味になります。これは、「so」で「early」を強調してから、「that節」でそのために起きたことを説明している文になります。
 「that節」とは、「that+主語+動詞」のことです。

so thatの用法について so thatの用法について


 He is so poor that he can't buy anything.
 (彼は貧しいので何も買えません。)
 She sings karaoke so beautiful that I want to sing like her.
 (彼女はとてもきれいにカラオケを歌うので、私も彼女のように歌いたいです。)


 この「so」は副詞です。「that」と一緒になって接続詞的に使います。また口語では「that」が省略されます。

 (「so」の副詞としての使い方は基礎からの英語学習Day31を参照してください。)


 ところで、「so」の後は形容詞か副詞が続きますが(「so」は副詞なので)、名詞を続けたい場合はどうするでしょうか。
 その場合は「so」のかわりに「such」を使います。そして「such」の後にその名詞を続けます。「that節」については、「so」の場合と同じでセットとして使います。

 It was such a fine day that we went for a walk.
 (天気がとてもよかったので、私達は散歩に行きました。)
 It was such a wonderful TV program that I saw it three times.
 (それはとてもいいテレビ番組だったので、私はそれを3回も見ました。)


 上のように、「such」の後には名詞を続けることができます。また「such」の後の名詞がない「such that」も使われる場合があります。「such that」は、それだけで「とてもすごい」という意味があります。

 Her picture was such that she was awarded first prize.
 (彼女の絵はとても優れていたので、彼女は1位を授与されました。)








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「so that」(結果)


   「so」と「that」をくっつけた「so that」は、それ以下で前の文から起きる結果をあらわすことができます。この場合、「so that」の前に「,(コンマ)」を置きます。(口語で「that」は省略されます。)

 たとえば I overslept, so that I was late for the lecture. は「私は寝過ごしたので、講義に遅刻しました。」という意味になります。「so that」以下で、寝過ごしたために起きた結果を説明しています。

 I drove for five hours, so that I was very tired.
 (私は5時間運転していたので、とても疲れました。)
 It was raining, so that I had to open an umbrella.
 (雨が降っていたので、私は傘をささなければなりませんでした。)


 「that」の省略は、「1」でふれた「so」の使い方と同じです。






基礎からの英語学習-第4項目目

「so that」(目的)


   上の「3」で説明をした「so that」は「結果」を表しましたが、ここでふれる「so that」は「目的」を表します。
 これは「~をするために」という意味で使うことができます。
 上の「3」との違いは、次の2点です。

 ①「so that」の前に「,」をおかないこと
 ②「so that」の後に、助動詞の「can」や「will」を使うこと

 たとえば、You should speak clearly so that we can understand you. は「私達が理解できるようにあなたは明確に話すほうがいいですよ。」という文になります。

 so thatで目的を表す用法について  so thatで目的を表す用法について



 「so that」の後は、「can」や「will」の他に「may」も使われます。しかし、「may」を使うと文語調になります。


 I'll give you the violin so that you can practice it.
 (あなたが練習できるように、私があなたにヴァイオリンをあげます。)
 Line your paper so that you can remember.
 (忘れないように、紙に線を引きなさい。)




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
so とthat の接続詞の使い方について
問題数:4問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
so that構文(その1)
問題数:5問

記述式問題の解説


基礎からの英語学習-記述式練習問題2
so that構文(その2:「目的」の用法)
問題数:4問

記述式問題の解説


 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語のsoの接続詞 基礎からの英語学習53日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます