英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>接続詞 基本1 Day51



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 51

接続詞 基本1

 今回からは接続詞についてみていきます。and、or、butなど、基本的な接続詞についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「and」(そして)


   「and」は「~と」いう意味や、「そして」という意味です。2つの物事などを表す語句、または文を結びます。

 I bought a magazine and I read it.(私は雑誌を買って読みました。)


 「and」の前後の主語が同じ場合は、後の主語を省略することができます。そうすると上の文は次のようになります。

 I bought a magazine and read it.


 She studied hard and passed an exam.
 (彼女は熱心に勉強して試験に合格しました。)
 I went home and he went shopping.
 (私は家に帰り、彼は買い物に行きました。)






基礎からの英語学習-第2項目目

both A and B(AもBも両方)


   ここで「and」を使った応用についてふれていきます。「and」と「both」を使って「AもBも両方」という意味を表すことができます。たとえば She both plays the violin and speaks French. は「彼女はヴァイオリンを弾き、フランス語も話します。」という意味になります。このように「both A and B」という型で、「AもBも両方」という意味にすることができます。


both A and Bの用法について both A and Bの用法について


 The PC has both advantages and disadvantages.
 (そのパソコンには良いところもあれば悪いところもあります。)

 上の場合AとBには両方とも名詞が入っています。このようにAとBには同じ働き(名詞なら名詞、動詞なら動詞というように)をする語句が入るのが普通です。


英文法の発展的学習へ andの発展的学習は英文法の発展的学習 14を参照してください。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「or」(または)


   A or Bは「AまたはB」というように「選択」の意味があります。たとえば Which would you like tea or coffee? は「コーヒーと紅茶とどちらがいいですか。」という意味になります。

 Who is younger, him or her?(彼と彼女のどちらが若いですか。)
 Do you want to play tennis or soccer?
 (テニスとサッカーのどちらをしたいですか。)


 「or」は否定語の後に続くと、「or」以下も否定をあらわします。そして「AでもBでもない」という意味になります。(これは「neither A nor B」と同じです。基礎からの英語学習Day33を参照。)

 I don't smoke or drink.(私はタバコもお酒もやりません。)


英文法の発展的学習へ or の発展的学習は英文法の発展的学習 15を参照してください。






基礎からの英語学習-第4項目目

「but」(けれども)


   「but」は「しかし」や「だけれども」というように、反対や対立を表すときに使います。

 He was poor but he was happy.(彼は貧しかったけれども幸せだった。)
 She wanted to pass the entrance exam but she didn't study for it.
 (彼女は入学試験に合格したかったけれども、そのための勉強をしなかった。)


 He was not rich but happy.は「彼はお金持ちではなかったけれども幸せだった。」という意味です。これは「not A but B」という型で、Aを否定させた後に否定にならないBが続きます。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
基本的な接続詞の使い方について
問題数:3問

選択式問題の解説

基礎からの英語学習-確認問題2
both の使い方について
問題数:2問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
and, or, but, both について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の接続詞 基礎からの英語学習51日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます