英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>使役動詞2 haveと(get) Day72



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 72

使役動詞2 haveと(get)

 今回は使役動詞の続きです。
 前回はletとmakeについてでしたが、今回はhaveとgetを使った使役の用法についてふれていきます。

基礎からの英語学習-第3項目

「have」の使役(使役動詞その1)


   「have」を、使役を表すために使うことができます。
 「have」の後には目的語が続きます。その目的語の後には、動詞の原形(原形不定詞)を置きます。

 I had my brother paint the wall.
 (私は弟に壁のペンキを塗らせました。)
 We had him report.(私達は彼に報告をさせました。)


 「have」の使役にも、「make」と同様に強制の意味があります。「make」よりは弱い強制ですが、普通は目上の人が目下の人に使います。


 ところで、目的語の後に「過去分詞」を続けて使うこともできます。これは、サービスなどを受けるために「(頼んで)~をしてもらう」という受動的な意味を含みます。

 I had the wall painted.(私は壁を塗ってもらった。)
 I had a suit made.(私はスーツを作ってもらいました。)
 I had my hair cut.(私は髪を切ってもらいました。)

 上の例は「(頼んで)~をしてもらう」という意味の他に、「~をさせる」というように「強制」の意味に解釈することもできます。どちらの意味になるかは文脈で判断します。


 さらに上と同じ「過去分詞」を使う型のままで、「~をされた」というように「被害」の意味を表すこともできます。
 「使役」の意味なのか、それともこの「被害」の意味なのかについての判断は文脈によります。

 I had my car stolen.(私は車を盗まれました。)


 上のように、「have」は意味的に「受動」を表すことができますが、文の型としての受動態はありません。つまり「be動詞+ had」のような使い方はありません。






基礎からの英語学習-第4項目目

「get」の使役(使役動詞その2)


   「get」は使役動詞とは異なりますが、使役を表すのに使うことができます。
 しかし、目的語の後には動詞の原形(原形不定詞)ではなく、「to+動詞の原形(to不定詞)」を続けます。したがって、この場合の型は<get+目的語+「to+動詞の原形(to不定詞)」>になります。

 We got the doctor to come.(私達は医者に来てもらった。)
 I got her to stop smoking.(彼女に喫煙をやめさせました。)


 「get」の使役は口語的です。
 しかし上のように、「努力をして~をさせる」という意味が含まれます。


 また、「過去分詞」を「to+動詞の原形(to不定詞)」の代わりに続けて、「~をしてもらう」という意味でも使うことができます。

 I got my shoes polished.(私は靴を磨いてもらいました。)
 I got this letter translated into English.
 (この手紙を英語に訳してもらいました。)


 この「get~過去分詞」も口語的です。


 また、「被害」の意味を表すこともできます。これも過去分詞の受動的な意味から起こります。

 I got my left leg broken while I was skiing.
 (スキーをしている間に左足を折りました。)


 ところで、「help」を使って使役を表す場合もあります。
 「help」は「手伝って」という意味ですが、目的語の後には動詞の原形(原形不定詞)と、「to+動詞の原形(to不定詞)」の両方を使うことができます。

 She helped her mother (to) water the garden.
 (彼女は母が庭に水をまくのを手伝いました。)







英文法の休息




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

※ここでの問題の内容は前回のレッスンと同じです。前回の内容を確認しながら練習してみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
使役動詞について
問題数:8問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
使役動詞(have)について
問題数:5問

記述式問題の解説


 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の使役動詞 基礎からの英語学習72日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます