英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>使役動詞1 letとmake Day71



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 71

使役動詞1 letとmake

 今回は使役動詞についてです。
 letとmakeを使った使役の用法についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「let」の使役(使役動詞その1)


   「let」を使って使役を表すことができます。この使役とは「(人)に~をさせる」という意味のことをいいます。
 型は<let+目的語+原形不定詞(動詞の原形)>で、「let」の後に目的語(この場合は普通「人」をおきます。)を続けてから、原形不定詞(変化させない動詞の形)を続けます。これで「(目的語)に(原形不定詞)をさせる」という意味になります。

 I'll let him do so.(私は彼にそれをさせます。)
 I'll let you know when I get home.
 (私が家に着いたら、あなたに知らせます。)
 He doesn't let her drive.(彼は彼女に運転をさせません。)


使役動詞(let)の用法について 使役動詞(let)の用法について



 「's」のついた「let's」は「let us」を短縮したものです。これは勧誘を表します。後に動詞の原形を続けて使いますが、使役の「let」とは違います。区別する必要があります。

 Let's play golf.(ゴルフをしましょう。)
 Let's go for a drive.(ドライブに行きましょう。)


 使役として使う場合は、次のようになります。

 Let us know if you pass the exam.
 (試験に合格したら知らせてください。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「make」の使役(使役動詞その2)


   「make」も使役を表すために使うことができます。型は「let」と同じように考えることができます。

 She made her sister clean the room.
 (彼女は妹に部屋の掃除をさせました。)
 What made you think so?(何があなたにそう思わせたのですか。)


 「let」には「本人の希望に応じて」や、「許して」という意味があります。しかし、「make」には「本人の意思には関係なく」や、「強制的に」という意味があります。
 したがって「~をすることを許す」というように、強制の意味がないことを含む場合は「let」を使うことになります。


 ところで、目的語の後に置かれる動詞(原形不定詞)の代わりに、「形容詞」を続けると「ある状態にさせる」という意味になります。

 The news made me happy.
 (そのニュースは私を楽しくさせました。)
 Rumors about her rudeness made her angry.
 (彼女の失礼さについてのうわさが彼女を怒らせました。)


 目的語の後に「過去分詞」を続ける場合もありますが、特別で限られます。

 I made myself understood in English.
 (自分の考えを英語で通じさせた。)


 また、受動態にする場合は「to」を加えて使います。たとえば次の例を見てください。

 She made her sister clean the room.
 (彼女は妹に部屋の掃除をさせました。)

 上の例を受動態にすると、次のようになります。

 Her sister was made to clean the room by her.
 (彼女の妹は彼女によって部屋の掃除をさせられました。)


 「1」で説明した「let」は、「make」と異なり受動態にすることができません。もしもこの「let」を受動態にしたい場合は、「be allowed」や「be permitted」を代わりに使います。

 She was not allowed to drive.
 (彼女は運転をすることを許されなかった。)








英文法の休息
 



レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

※ここの問題では次のレッスンに関する問題も含まれています。今回のレッスンを踏まえて、次回のレッスンの感じもつかんでおきましょう。

基礎からの英語学習-確認問題1
使役動詞について
問題数:8問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
使役動詞(let, make)について
問題数:4問

記述式問題の解説


 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の使役動詞 基礎からの英語学習71日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます