英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>分詞と分詞構文 Day69



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 69

分詞と分詞構文

 今回は分詞についてです。分詞とは何であるかを説明してから、分詞構文についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

分詞の種類(現在分詞と過去分詞)


   分詞の種類には、現在分詞と過去分詞の2つがあります。
 現在分詞とは、簡単に言うと「動詞のing形」のことです。この他、動名詞も同じ形としてありますが、これら2つを特に区別する必要はありません。

 過去分詞とは、簡単に言うと、動詞の語尾に「ed」をつけた形のことです。これは過去形と同じですが、形態上は同じでも過去形とは違います。

 これらの分詞は形容詞として使うことができます。その場合、1語(分詞のみ)ならば名詞の前に置いて、その名詞を修飾します。しかし、他の語句が加わると、名詞の後ろに置いて修飾します。

 それから、分詞にはもう1つ分詞構文としての使い方があります。次にこの分詞構文について見ていきます。


 動詞の規則変化と不規則変化については基礎からの英語学習Day2を参照してください。
 また、分詞を使って名詞の後ろで修飾する使い方については英文法の発展的学習英文法の発展的学習 7を参照してください。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第2項目目

分詞構文


   分詞構文は、接続詞的に使うことができます。しかし、文語的になります。
 分詞構文では、まず現在分詞か過去分詞を文頭におきます。そして分詞構文は普通、「,」で区切ります。
 意味は主に「~をしたとき」というように「when」の意味や、「理由」の他、「~をしながら」というように「付帯状況」を表します。しかし、どの意味なのかは文脈で判断しなければなりません。


 現在分詞は能動的で、過去分詞は受動的な意味があります。


 次は現在分詞による分詞構文の例です。

 Seeing him, she smiled at him.
 (= When she saw him, she smiled at him.)
 (彼を見たとき、彼女は彼に微笑みました。)
 Reading a magazine, he felt hungry.
 (= While he was reading a magazine, he felt hungry.)
 (雑誌を読んでいるときに、彼は空腹を感じました。)

Reading a magazine, he felt hungry.
分詞構文です。(現在分詞は能動的意味です。)


 次は過去分詞による分詞構文の例です。

 Asked some questions, she was not able to answer.
 (= When she was asked some questions, she was not able to answer.)
 (いくつか質問を聞かれたとき、彼女は答えることができなかった。)

Asked some questions, she was not able to answer.
分詞構文です。(過去分詞は受動的意味です。)


 さらに分詞構文の例を見ていきます。

 Being a teacher, he has to study teaching methods.
 (= Since he is a teacher, he has to study teaching methods.)
 (彼は先生なので、教授法を勉強しなければなりません。)
 Having much time, she was happy.
 (= Since she had much time, she was happy.)
 (時間がたくさんあったので、彼女はうれしいと感じていました。)
 Looking at me, he waved his hand.
 (彼は私のほうを見ながら、手を振りました。)


 文の中で分詞構文をおく位置は特に決まっていません。文の意味の流れを考えた順序でおきます。


 ところで、次のような完了形の分詞は、もう一方の文(主節)の動詞よりも、時間的にさらに以前の時を表します。

 Having received an email, I deleted it.
 (= After I had received an email, I deleted it.)
 (Eメールを受信した後で、私はそれを削除しました。)


 分詞構文には接続詞を加えている場合があります。それはそうすることで、意味がわかりやすくなるからです。

 While watching television, I fell asleep.
 (テレビを見ている間に、私は眠ってしまいました。)

 しかし副詞節において、主節の主語と同じ場合に、主語とbe動詞が省略されるので、その省略とも考えられます。

 While speaking English, I was not able to remember words.
 (= While ( I was ) speaking English, I was not able to remember words.)
 (英語を話している間、私は単語を思い出すことができませんでした。)


英文法の発展的学習へ 独立分詞構文による発展的学習は英文法の発展的学習25を参照してください。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
現在分詞と過去分詞について
問題数:6問

選択式問題の解説

基礎からの英語学習-確認問題2
分詞構文について
問題数:4問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
分詞構文について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の分詞と分詞構文 基礎からの英語学習69日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます