72回のレッスンで英文法を、ストーリーで英会話表現をマスターします。解説内容は大学の先生方による協力で作成しています。
英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜
スマートフォン英語喫茶
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
英語を英文法と英会話で楽しむ
Yahoo! JAPAN 英語喫茶はヤフーに掲載されています。
・2005.1.18 教育>学習指導>英語
・2005.2.28 社会科学>言語学>英語
−著書向け確認問題−
−参考説明−
−英文法関係−
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
−英会話表現−
−英語の時間的感覚−
−小学校英語指導者−
−英語喫茶相互リンク−
−英語喫茶の運営管理者−
−旧版−

英語喫茶の内容は、北海道教育大学の先生方、函館大学の先生方等、大学の多数の先生方による協力により細部までチェックを入れて作成しております。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

英語喫茶が本になりました。
本のタイトルは、
基礎からの英語学習
です。

本書は主に次の方々を対象に執筆しました。
1. 英会話のための必要英文法を学習したい。
2. はじめての英文法を学習したい。
3. 大人になってから英文法の学習を始めたい。

本書の特徴です。
レッスンは90回。
無理がない1日の学習量
ネットでレッスンの確認ができるアドレス掲載
必要最低限の英文法習得と発展の手助け

 本書は、アマゾンや版元ドットコムでもご購入いただけます。
 よろしければ下記をクリックしてください。
アマゾンで購入
版元ドットコムで購入


英語喫茶モバイル
英語喫茶モバイルへのQRコード

英語喫茶のモバイル用サイト
QRコードを読み取ってください


RSS1.0へ
RSS2.0へ
Atomへ


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜





 
基礎からの英語学習

Day 2基礎からの英語学習Day2-過去形と過去進行形、used to
著書「基礎からの英語学習」の概要説明。アマゾンでも購入できます。
「基礎からの英語学習」は、本になって、出版されています。

 レッスン内容を再構成し、さらにページを追加をしています。よりわかりやすく、無理のないレッスン内容になった、本としての「基礎からの英語学習」は、アマゾンや版元ドットコムでも購入することができます。ご興味がありましたら、下記の「アマゾンで購入」または「版元ドットコムで購入」をクリックしてください。
アマゾンで購入
版元ドットコムで購入


−過去形と過去進行形、used to−
 今回は過去形についてです。過去形の基本と規則動詞、不規則動詞を見ていきます。また、過去進行形とused toの使い方についてもふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目be動詞の過去形

   amとisはwasになり、areはwereになります。

be動詞の過去形について

 I was at the party.(私はパーティーに出席しました。)
 We were tired after the trip.(旅行の後は疲れました。)






基礎からの英語学習-第2項目目動詞の過去形

   動詞の過去形は主語の人称に関係なく続けることができます。(たとえば「liked」は全ての人称の後に置くことができます。)
 動詞の過去形が表すのは、動作や状態が過去の時点において終了したことです。

動詞の過去形について

 I washed my car yesterday.(私は昨日車を洗いました。)
 We studied English last night.(昨夜私達は英語を勉強しました。)

 頻度をあらわす副詞を使って過去の習慣をあらわすこともできます。
 He often went fishing.(彼はよく釣りに行きました。)

 頻度をあらわす副詞には、always(いつも)、usually(たいてい)、often(しばし ば)、sometimes(ときどき)、never(一度もない)などがあります。
 頻度の副詞については、Day29を参照してください。


 He went fishing. だけなら、単に「彼は釣りに行きました。」という過去の出来事だけしかあらわしませんが、「often」を使うことで、習慣の意味があらわれてきます。

 (参照:過去形の詳細については英語の時間的感覚(2.2.2.1以降)






基礎からの英語学習-第3項目規則動詞と不規則動詞

   過去形の動詞には「d」または「ed」が後ろについた規則動詞と、それ以外の不規則動詞があります。また動詞には過去分詞という形もあります。次はその一部の例ですので、全てを覚える必要はありません。動詞がどのように変化していくのかだけを、ただ感じでつかんでください。
 したがって、軽くふれるだけで次の「4」へ進んでも構いません。

<規則動詞>

・たいていは動詞の原形の語尾に「ed」をつけます。

原形過去形過去分詞
wash(洗う)washedwashed
open(あける)openedopened
watch(見る)watchedwatched



・動詞の原形の語尾が「e」で終わる場合は、「d」だけをつけます。

原形過去形過去分詞
like(好む)likedliked
live(住む)livedlived
hope(望む)hopedhoped



・動詞の原形の語尾が「母音+y」で終わる場合は、「y」をそのままにして「ed」をつけます。

原形過去形過去分詞
play(遊ぶ)playedplayed
enjoy(楽しむ)enjoyedenjoyed



・動詞の原形の語尾が「子音+y」で終わる場合は、「y」を「i」にかえてから「ed」をつけます。

原形過去形過去分詞
try(試みる)triedtried
cry(泣く)criedcried



・動詞の原形の語尾が「c」で終わる場合は、「k」をつけてから「ed」をつけます。

原形過去形過去分詞
picnic
(ピクニックに行く)
picnickedpicnicked




<不規則動詞>
規則動詞とは違って不規則動詞は全く異なった形にかわります。
しかしながら、不規則動詞にはよく使われるものが多いです。

・過去形と過去分詞の形が同じ動詞

原形過去形過去分詞
make(作る)mademade
sit(座る)satsat
leave(去る)leftleft
feel(感じる)feltfelt
teach(教える)taughttaught
build(建てる)builtbuilt
buy(買う)boughtbought



・原形、過去形、過去分詞とも同じ形の動詞

原形過去形過去分詞
cost(費用がかかる)costcost
cut(切る)cutcut
put(置く)putput



・この他にも原形と過去分詞が同じで過去形だけが違うものや、原形と過去形が同じで過去分詞だけが違うものもあります。


・変化した形が他の動詞と同じ形になる、まぎらわしい動詞

原形過去形過去分詞
fall(倒れる)fellfallen



・過去形と過去分詞の形が違う動詞

原形過去形過去分詞
go(行く)wentgone
give(与える)gavegiven
eat(食べる)ateeaten
choose(選ぶ)chosechosen
drink(飲む)drankdrunk
swim(泳ぐ)swamswum
write(書く)wrotewritten











英文法の休息







基礎からの英語学習-第4項目目過去進行形

   現在進行形と同じように、過去進行形は過去のある時点でちょうど何かをしていることをあらわします。
 型は<主語+be動詞の過去形+現在分詞(動詞のing形)>です。現在進行形との違いは、be動詞を過去形にするだけです。

 She was reading the newspaper at 9:30 last night.
 (彼女は昨日の夜9:30に新聞を読んでいました。)
 I was watching a soccer match on TV at nine last night.
 (私は昨日の夜9時にテレビでサッカーを見ていました。)

 Were you watching a baseball game on TV yesterday evening?
 (あなたは昨日の夕方にテレビで野球の試合を見ていましたか。)
 No, I wasn't. I wasn't watching a baseball game on TV yesterday evening.
 (いいえ。私は昨日の夕方にテレビで野球の試合を見ていませんでした。)


 (参照:過去進行形の詳細は英語の時間的感覚(6.2.2.以降))






基礎からの英語学習-第5項目目はっきりとした過去の習慣

   はっきりとした過去の習慣的な動作や状態をあらわすときは「used to」を使います。この「used to」は「以前はよく〜をした」というように、現在と対比させた意味になります。
 これは、「以前はよく〜をした(けれども現在はしていない)」という意味で使うことになります。したがって、現在も同じことを続けていることがわかっている場合は、この「used to」を使うことができません。「to」の後ろには動詞が続きます。

 I used to go skiing every Sunday in winter.
 (私は毎週日曜日にスキーに行ったものだ。)
 (現在はスキーに行っていないという意味が含まれます。)
 I used to live in Hakodate.(私はかつて函館に住んでいました。)
 (現在は函館に住んでいないという意味が含まれます。)

 (参照:used toの詳細は英語の時間的感覚(2.3.1.))


 「used to」と似た形で「be used to」というのがあります。しかし、意味は全く違って「〜に慣れている」です。形容詞の「accustomed」と同じです。(「be used to」の「to」は前置詞なので後ろには名詞や動名詞が続きます。)
 
 I'm used to driving.(私は運転に慣れています。)
 She is used to working in the office.
 (彼女はそのオフィスで働くことに慣れています。)

 この「be used to」については、次回でもふれていきます。












今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





Copyright(c) 英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜 : サイト内の文章・図の無断掲載を禁じます