英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>時の接続詞 whileとuntil Day55



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 55

時の接続詞 whileとuntil

 今回は時に関係する接続詞についてです。whileとuntilについてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「while」(~をしている間)


   「while」は「~をしている間」という意味です。2つの出来事が同時に進行していることを表します。これは接続詞なので、「while」の後は「主語+動詞」にします。

 She often ate meat while she was in Australia.
 (彼女はオーストラリアにいた間はよく肉を食べていました。)
 John came while you were away.(あなたがいない間にジョンが来ましたよ。)
 I watched TV while I was having tea.
 (私は紅茶を飲みながらテレビを見ました。)

 「while」の後の動詞が動作を表す動詞の場合は、進行形にするのが普通です。
 状態を表す場合(たとえばbe動詞を使ってShe was in Australia.)は、ある程度時間が継続していることを意味しています。これは「while」の意味に合うことになります。

 それに対して動作を表す動詞は、そのままでは継続の意味を持たないので、「while」の意味に合いません。そこで、進行形にして継続を表すようにします。
 上の I watched TV while I was having tea. の「while」の後は I had tea を進行形にしたものです。


 また、この文は I watched TV while having tea. にもすることができます。これは「while」の後の I was が省略されたものです。このように「while」の前後の主語が同じ場合は、「while」の後の主語とbe動詞がよく省略されます。最初の例文も次のようになります。

 She often ate meat while in Australia.(she was の省略です。)


 「while」と同じ意味で「during」があります。そこで「while」は、「during」で書き換えることができます。しかし、「during」は接続詞ではなくて「前置詞」なので、「主語+動詞」ではなく「名詞」が後に置かれます。次は「during」の例です。

 I went to New Zealand during the summer vacation.
 (夏休みの間、私はニュージーランドに行きました。)
 I studied English during my stay in London.
 (ロンドンに滞在している間、私は英語を勉強しました。)








英文法の休息







基礎からの英語学習-第2項目目

「until」(~をするまで)


   「until」は「~をするまで」というように、ある時点まで時間的に「継続」した意味があります。たとえば Wait here until I come back. は「私が戻るまでここで待っていてください。」という意味です。この until I come back は、「私が戻るまで」時間が「継続」している意味を持っています。

 Leave things as they are until the police arrive.
 (警察が到着するまでそれらはそのままにしてください。)
 I will stay here until the snow stops.
 (雪が降らなくなるまで私はここにいます。)

 「until」には「継続」した意味があるので、他の一方の動詞(主節の動詞のことです。上の例では「stay」になります。)は、継続を表す動詞を使います。


 「until」は接続詞以外に、前置詞としても使うことができます。この場合「主語+動詞」ではなく、「名詞」が「until」の後に置かれます。

 We'll put off launching a rocket until next month.
 (来月までロケットの打ち上げを延期します。)


 Ann didn't start to read a newspaper until she was ten.
 (アンは10歳まで新聞を読むことをしなかった。)

 否定文では、「start」のように継続を表さない動詞を使うことができます。それは否定文が動作を生じさせないことを意味するので、結局時間的継続とは関係がなくなるからです。


 否定文で「until」を使うと、たとえば上の例は「アンは10歳になって初めて新聞を読み始めました。」という意味にすることもできます。


 ところで「until」の後は、たとえ未来を表すことであっても、動詞は現在形にします。たとえば最初の文である Wait here until I come back. の「until」の後は、未来を表していることになるので、意味の上では I will come back. になります。

 このことはこれまでふれてきた「before」などにも同じことが言えます。
 それは時や条件をあらわす副詞節の動詞は、たとえ未来を表すことでも、「will」や「shall」を使わずに現在形で表すことになっているからです。(時や条件を表す副詞節とは、「時を表す接続詞+主語+動詞」や「「if+主語+動詞」のことです。)

 これはもう一方の動詞(主節の動詞)を見ることで、未来のことを表しているのかがわかるからです。そこでさらに「will」などを使うと、文を長くするだけになってしまいます。
 また、このような時を表す副詞節では、未来の意味でもだいぶ確定度の強い未来を意味することが多いです。そこから、「will」のような未来を表す助動詞よりも、より確定度の高い現在形を使うことにもなります。


 このことは次回でふれる「if」の条件文についてもいえます。

 また、「until」と同じ意味で「till」がありますが、全く同様にして使うことができます。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
while やuntil の使い方について
問題数:7問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
while と until について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の時の接続詞 基礎からの英語学習55日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます