英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>場所の前置詞1 inとat、on Day38



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 38

場所の前置詞1 inとat、on

 今回は場所を表すのに使われる前置詞についてです。inとatについて見ていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「in」と「at」(場所の前置詞その1)


   「in」や「at」は前回のように、時の前置詞として使いますが、今回のように場所の前置詞としても使います。「in」には「~の中に」という意味があり、「at」には「~で」というように「ある地点」の意味があります。

 そこで「彼は庭にいます。」という意味では、彼が「庭の中」にいると考えられるので、He is in the garden. になります。それに対して「彼女はバス停にいます。」は、彼女がバス停という「ある地点」にいると考えられるので She is at the bus stop. になります。
 次は「in」の例です。

 in a box(箱の中に)
 in a room(部屋の中に)
 in the sea(海の中に)

 We played in the park.(私達は公園で遊びました。)


 次は「at」の例です。

 at the door(ドアのところに)
 at the traffic light(信号機で)
 at the end of the hall(廊下の突き当たりで)

 She was at the city hall.(彼女は市役所にいました。)


 上の「at」は市役所の中、外の通り、玄関先などを指します。「in」を使うと、常に市役所の中を指すことになります。


 この他にも「in」には、国や都市など「広い場所」の意味があります。そして「at」には駅や空港など「比較的狭い場所」の意味があります。しかしその広さは実際のものではなく、「話し手の感じ方」によります。たとえば空港は広い場所かもしれませんが、普通は「at」を使います。

 I arrived at the airport.(私は空港に着きました。)
 I arrived in England.(私はイングランドに着きました。)


 「into」は「in」と似ていて、「~の中に」という意味があります。しかし「in」には「位置」の意味があるのに対して、「into」には「~の中へ」というように「運動や移動」の意味があります。
 「out of」は、「~から外に」という意味で使うことができます。次はそれぞれの意味の違いを表した例です。

 She was in the room.(彼女は部屋の中にいました。)
 She went into the room.(彼女は部屋の中へ入った。)
 She came out of the room.(彼女は部屋から出てきました。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「on」(場所の前置詞その2)


   「on」は「~の上に」という意味がありますが、基本は「~に接して」という意味です。そこで何かの上ではなくて、ただ壁や天井に接している場合でも「on」を使うことになります。

 A book is on the table.(本がテーブルの上にあります。)
 A clock is on the wall.(時計が壁に掛かっています。)
 A light is on the ceiling.(明かりは天井についています。)


 乗り物に乗るときの表現にも使います。その場合は「in」も使われるので、2つには区別が必要になります。
 「on」はバスや飛行機のような公共で大きな乗り物に使います。車やタクシーのような小さな乗り物には「in」を使います。

 I got on a bus(plane).(私はバス「飛行機」に乗りました。)
 I got in a car.(私は車に乗りました。)


 降りる場合は、「get on」に対して「get off」を使います。そして「get in」に対しては、「get out of」を使います。

 I got off a bus.(私はバスを降りました。)
 I got out of a car.(私は車を降りました。)








英文法の休息
 



レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
場所の前置詞の使い方について(その1)
問題数:8問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
前置詞 in, at,on について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の場所の前置詞 基礎からの英語学習38日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます