英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>時の前置詞2 from、beforeとafter、forとduring Day37



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 37

時の前置詞2 from、beforeとafter、forとduring

 今回は時を表す前置詞の続きです。from、beforeとafter、forとduring、withinの使い方について見ていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「from … to(until)」(時の前置詞その1)


   「~から~まで」というように、ある時点から他のある時点までの期間を表すのに、「from … to」を使うことができます。(「to」のかわりに「until」を使うこともできます。)このとき「~から」には「from」、「~まで」には「to」が相当します。

 from Monday to Friday(月曜日から金曜日まで)
 They are going to stay there from 10 o'clock to 6 o'clock.
 (彼らはそこに10時から6時まで滞在するつもりです。)


 状況によっては「to」の後に続く「時」が、意味に含まれるのかどうかはっきりしない場合があります。
 たとえば、from Monday to Friday では「Friday」が含まれずに、「Thursday」までという意味でとらえられる場合もあります。もしもこのことをはっきりさせたい場合は、次のように「through」を使います。

 from Monday through Friday

 上は金曜日も含めてという意味で、ホテルの宿泊予約などに使われます。


 また、イギリス英語では同じことを表すのに、「~を含んで」という意味の「inclusive」を後ろにおいて使います。

 from Monday to Friday inclusive

 (発展的学習英文法の発展的学習 21も参照してください。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「before」と「after」(時の前置詞その2)


   「before」は「~の前に」という意味で、「after」は「~の後に」という意味です。これらの後に名詞や動名詞(動詞のing形のことです)を続けます。
 ここでふれる「before」と「after」は、接続詞ではなく前置詞としての使い方なので、その後には名詞に相当する語を続けることになります。
 (接続詞として使う場合は、「主語+動詞」が続くことになります。このことについては基礎からの英語学習Day52を参照してください。)

 次は「before」の例です。

 before Tuesday(火曜日の前に)
 We were very nervous before the entrance exam.
 (入試の前はとても緊張した。)
 I went for a walk before breakfast.(私は朝食の前に散歩をしました。)
 I read a newspaper before going to work.
 (私は仕事に行く前に新聞を読みます。)


 「一昨日」は「the day before yesterday」といいます。「明後日」は「the day after tomorrow」といいます。


 次は「after」の例です。

 after 7:00(7時の後に)
 We went to the art museum after school.
 (私達は学校の後、美術館に行きました。)
 I drank a cup of coffee after eating dinner.
 (夕食の後コーヒーを一杯飲みました。)


 ここで使われている動名詞については、「主語が省略された形」として考えるとわかりやすいです。たとえば before going to work は before I go to work の主語を省略して、「go」を動名詞にした形です。

 (接続詞としての使い方は基礎からの英語学習Day52を参照。)








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「for」と「during」(時の前置詞その3)


   「for」と「during」ですが、どちらも「~の間」というように、ある期間を表すことができます。
 「during」には、「the summer holidays」のような「特定される名詞」を続けるのが普通です。
 それに対して「for」には、「期間」の意味では特定される名詞を普通は続けません。「for」は、ある時間の長さがどのくらいかに重点を置きます。


 次は「for」の例です。

 He stayed for two days.(彼は2日間滞在しています。)
 We studied at a workshop for three weeks.
 (私達は講習会で3週間勉強しました。)


 「for a long time」には、「長い間」や「長時間」という意味があります。「for the time being」には、「さしあたり」や「しばらくの間」という意味があります。


 次は「during」の例です。

 We stayed in Hawaii during the summer holidays.
 (夏休みの間、ハワイに滞在しました。)
 He slept during the concert.(彼はコンサートの間、寝ていました。)


 特定される名詞ということで、「the」がつく名詞が「during」の後に続くことになります。

 また、期間の意味での「for」でも、「last」、「past」、「next」が加わると使うことができます。

 for the last(past) two decades(ここ20年間)
 for the next two years(向こう2年間)






基礎からの英語学習-第4項目目

「within」(時の前置詞その4)


   「within」には「~以内」や「~を超えないで」というように、「ある時間内」の意味があります。

 within five minutes(5分以内に)
 within a week(一週間以内に)

 I will be back within two hours.(私は2時間以内に戻ってきます。)


英文法の発展的学習へ 時の前置詞の発展的学習は英文法の発展的学習 12を参照してください。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
時に使われる前置詞について
問題数:3問

選択式問題の解説

基礎からの英語学習-確認問題2
for とduring の使い方について
問題数:4問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
前置詞 from...to, before, after について
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
前置詞 during, for について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の時の前置詞2 基礎からの英語学習37日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます