英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>it is+形容詞の構文(形容詞) Day21



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 21

it is+形容詞の構文(形容詞)

 形容詞についてはその基本を前回でふれました。今回はもう少し踏み込みます。
 「for+人」で「人にとって」、「of+人」で「人の性質や評価」の意味を表すことについてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「It is 形容詞 for 人 to…」(for人で「人にとって」)


   「for+人」で、「その人にとって」という意味を表す用法についてです。まず次の例を見てください。

 It is necessary for him to read books.
 (彼は本を読むことが必要です。)

 上の例は<It is+形容詞+for+人+to…>の型で表される文です。「to」の後は動詞の原形がおかれます。

it is形容詞for人toの用法について it is形容詞for人toの用法について

 「for+人」にあたるのは、「for him」ですが、これは「彼にとって」という意味を持っています。
それから「to...」にあたる「to read books」は「本を読むこと」、「It is+形容詞」にあたる「It is necessary」は「それは必要です」という意味を持っています。このように「彼にとって~だ」という意味を表します。

 It is difficult for him to learn French.
 (彼にとってフランス語を習うのは難しい。)
 It is hard for me to save money.(お金を貯めることは私には難しいです。)


 「for+人」は、「to以下」(これを「to不定詞」といいます。)の意味における主語になります。






基礎からの英語学習-第2項目目

「It is 形容詞 of 人 to…」(of人で「人の性質」)


   <It is+形容詞+of+人+to…>は、上の<It is+形容詞+for+人+to…>の「for」が、「of」に変わっただけです。「for」が「(人)にとって~だ」という意味に対して、「of」は「(その人は)~だ」というように、その人の「性質や評価」を表します。

 たとえば次の例を見てください。

 It is kind of you to help me.
 (私を手伝ってくれるとはあなたは親切な人だ。)

 このとき「of you」は「あなたは」という意味を持っています。それから「to help me」で「私を手伝ってくれて」、「It is kind」で「親切だ」という意味を持っています。このように「あなたは~だ」という意味を表します。


 It was careless of you to leave a pen in your house.
 (家にペンを忘れてくるとはあなたは不注意だったね。)
 [careless = 不注意]
 It was good of you to visit me.(私を訪ねてくれてありがとう。)


 次は人の性質や評価を表すときに使われる形容詞の例です。

 brave(勇敢な)
 clever(かしこい)
 foolish(愚かな)
 honest(正直な)
 polite(礼儀正しい)
 wise(利口な)


 これらは人の性質や評価を表すことから、<人+be動詞>の後に続けて使うことができます。

 You are brave.
 You are clever.








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

人を主語にした形容詞と「to不定詞」・「that節」


   I am glad. のような文は、形容詞を置いて人の感情や状態を表しました。(このことは基礎からの英語学習Day20でふれています。)ここでさらに「to不定詞」を続けると、「(人が)そうなった理由」を表すことができます。

 I am glad to hear that.(私はそのことを聞いてうれしいです。)
 I am happy to meet you.(私はあなたに会えてうれしいです。)


 「不定詞」とは、簡単に言うと「動詞を変化させない」ということです。
 「to不定詞」とは<to+動詞の原形>のことです。

 もう1つ「原形不定詞」というものがありますが、これは「to」のない「動詞の原形」のことです。たとえば助動詞に続く動詞がこれに相当します。


 「(人が)そうなった理由」は「that節」を使って表すこともできます。この「節」とは「主語+動詞」のことをいいます。「that+主語+動詞」ということになります。しかし、口語では「that」が省略されます。

 She is delighted that you are well.
 (彼女はあなたが元気なので喜んでいます。)
 You were lucky that you met her.(あなたは彼女に会えて運がよかった。)


英語学習の発展的学習へ この形容詞の発展的学習は英文法の発展的学習 4を参照してください。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
形容詞+for+人の文について
問題数:4問

選択式問題の解説

基礎からの英語学習-確認問題2
形容詞による人の性質と評価について
問題数:3問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
It is...forの構文について
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
It is...ofの構文について
問題数:4問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の it is +形容詞の構文 基礎からの英語学習21日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます