<英語喫茶TOPへ>


この英文法については旧版となっています。
ご利用にあたっては最新版の英文法をご覧ください。
最新版の英文法については下記をクリックしてください。

http://www.englishcafe.jp/english3rd/englishindex.html




英文法のインデックス 英文法のイラスト


 
まずはじめにお読みください。
英文法作成にあたっての監修についてもふれています。



 1日ずつ、「Day1」から学習して「Day54」までの全54回のレッスンをすると文法をマスターすることができます。
もちろん1日の分量が多いときは2日に分けても構いません。
気軽にスタートしてみてください。

本文中ののマークは比較的難しいものを指しています。
難しいと思うようでしたら読み飛ばして構いません。





−Day 1−
文の種類
1.平叙文
2.疑問文
3.命令文
4.感嘆文
5.祈願文
−Day 2−
基本文型
1.第1文型
2.第2文型
3.第3文型
4.第4文型
5.第5文型
 

 

 
−Day 3−
am/is/are/-ing
1.肯定形と疑問形
2.進行形
−Day 4−
do/don't/Do you
動詞の現在形の文
 
−その他のポイント−
・〜ing形の作り方
 
−その他のポイント−
・現在進行形と現在形の違い
・「s」のつけ方
 
−Day 5−
was/were/-ing
1.be動詞の過去形の文
2.過去進行形
現在分詞と過去分詞
−Day 6−
did / didn't /
Did you
動詞の過去形の文
used to と would
 
−その他のポイント−
・ある時点への接近
 
−その他のポイント−
・規則動詞と不規則動詞(語形変化)  
−Day 7−
be going to / will
1.be going to
2.will
3.未来進行形
be going to と be about to
−Day 8−
will / would
1.意志未来
2.would
3.would like to
I'd like to と I'd like you to
4.Would you like to ?
 
−その他のポイント−
・現在進行形であらわす未来
 
−その他のポイント−
・See you.について
・一人称の意志未来の疑問形
・数えられない名詞を数える
・I'd like to と I want to
 
−Day 9−
shall/should
1.shall
2.should
3.Why don't you ?
had better
4.should have+過去分詞
should の省略
−Day10−
may/might
1.may
2.May I ?
3.might
4.may have+過去分詞
may(might) as well
may well
 
−その他のポイント−
・should と ought to
・Why not ?
・to不定詞と原形不定詞
 
−その他のポイント−
・May I ? と Shall I ?
May の祈願
・as far as
 
−Day11−
can/could
1.can
2.Can you ?
3.can't have+過去分詞
4.could
5.can't help -ing
cannot too
−Day12−
have to/must
1.have to
2.had to
3.don't have to
4.Do you have to ?
5.must
6.must(推測)
must have+過去分詞
 
−その他のポイント−
・「あまりできません」の表現
・Can I ?(許可)
 
−その他のポイント−
・三人称単数
have only to
・must not と don't have to
 
−Day13−
疑問詞@
1.Who ?(誰が)
2.Who ?(誰に)
3.Whose ?
4.Which ?
Whom ?
−Day14−
疑問詞A
1.What happened ?
2.What ?
3.What time ?
4.What for ?
5.What like ?
6.What about ?
What do you say to -ing
A is to B what C is to D
 
−その他のポイント−
・所有格について
 
−その他のポイント−
・what と which の違い  
−Day15−
疑問詞B
1.When ?
2.when(接続詞として)
3.Where ?
4.where(接続詞)
5.間接疑問文
6.疑問詞のない間接疑問文
−Day16−
疑問詞C
1.How ?
2.How many ?
3.How about ?
4.How are you ?
How come ?
5.Why ?
 

 
−その他のポイント−
・How long does it take to get there
・How many times の答え方
・How と What の違いについて
 
−Day17−
接続詞@
1.and
2.both A and B
命令文+and
3.or
命令文+or
4.but
5.not only A but also B
6.nothing but と anything but
−Day18−
接続詞A
1.because
2.so
3.so 〜 that...
such の代わりの so
4.so that(結果)
5.so that(目的)
 
−その他のポイント−
・命令文について
・nothing と anything
 
−その他のポイント−
・because of
・for について
・形容詞と副詞について
 
−Day19−
接続詞B
1.before
2.before long と it is not long before
3.after
4.after all
−Day20−
接続詞C
1.while
2.until
 
−その他のポイント−
・接続詞としての before
・前置詞としての before
・前置詞としての before+動名詞
 
−その他のポイント−
・during について
・until の後の現在について
・by について(時間的な by)
 
−Day21−
接続詞D
1.if
if+should と if の省略
2.even if
3.unless
4.in case
−Day22−
形容詞@
1.beautiful
2.I'm happy
3.It is 〜 for 人 to
4.It is 〜 of 人 to
叙述用法の形容詞
 
−その他のポイント−
・if+will (would)について
・if(〜かどうか)の意味の場合
・whether(〜かどうか) の場合
・though と although
 
−その他のポイント−
・限定用法と叙述用法  
−Day23−
形容詞A
1.many と much
2.a few と a little
3.any と some
4.several
−Day24−
形容詞B
1.enough
2.enough to
3.all と most と no
 
−その他のポイント−
・a lot of について
・as many 〜(それと同数の〜)
・as much 〜(それと同量の〜)
・数詞について
・倍数について
・分数のあらわしかた
・小数のあらわしかた
 
−その他のポイント−
・年齢の言い方について
・主語+動詞+enough+名詞+to
・主語+動詞+形容詞+enough+to
・such について
・体否定と部分否定、代名詞
 
−Day25−
形容詞C
1.主語を人にした形容詞
感情のshould
形容詞の現在分詞と過去分詞
−Day26−
受動態
1.基本的な受動態
2.第4・5文型の受動態
3.疑問文を受動態に
命令文と進行形の受動態
 
−その他のポイント−
・目的語と補語
 
−その他のポイント−
・byの省略
・助動詞の受動態の文
・第4文型の目的語
・by以外の前置詞
・look after の受動態
 
−Day27−
副詞@
1.slowly / quickly
2.副詞の作り方
−Day28−
副詞A
1.here と there
2.倒置について
3.There is (are)
4.somewhere,anywhere
 
−その他のポイント−
・副詞が文の中におかれる位置
 
−その他のポイント−
・everywhere,nowhere
・away
・far
・far の比較級と最上級
 
−Day29−
副詞B
1.still と yet
2.ago と since
3.頻度の副詞
hardly 〜 when...
−Day30−
副詞C
1.程度の副詞
2.so と too
3.too 〜 to do
4.almost
5.hardly と scarcely
 
−その他のポイント−
・have (be動詞) yet to do
・already について
・in について
・理由をあらわす「since」
・ever について
・no sooner 〜 than
 
−その他のポイント−
・very と much について
・<too 〜 to do...> と
 <so 〜 that 主語 can't ...>
・nearly について
・もう少しで〜しそうだった
 
−Day31−
副詞D
1.rather
2.would rather
3.would rather do 〜 than
4.either と neither
−Day32−
比較@
1.比較の基本
2.比較級の作り方
3.older than
4.more than / less than
 
−その他のポイント−
・rather と名詞について
・fairly について
・nor について
 
−その他のポイント−
・cheap と inexpensive について
・比較のAとBの関係
・more than と less than の範囲
 
−Day33−
比較A
1.as ... as の比較
2.as much as / as many as
3.〜 倍
4.その他の比較
−Day34−
比較B
1.senior to / junior to
2.最上級の基本
3.最上級の作り方
4.その他の最上級
 
−その他のポイント−
・not as ... as について
・as much as you can
・as soon as について
・the same A as B
・the+比較級, the+比較級
・比較級 and 比較級
・A is no more B than C is D
 
−その他のポイント−
・prefer について
・最上級の「the」について
・at the most
・at last
・at the least
・the+序数詞+最上級
・最上級の文+I have ever seen
 
−Day35−
完了形@
1.現在完了形とは?
2.現在の完了
3.現在の結果
−Day36−
完了形A
1.経験@
2.経験A
3.継続
4.How long have you+過去分詞
 
−その他のポイント−
・just と just now
・have(has) been to 〜
・会話で使われる1つの例
 
−その他のポイント−
・since と for  
−Day37−
完了形B
1.現在完了進行形
2.過去完了
未来完了
−Day38−
前置詞@
1.年月日などの前置詞
2.時間の経過などの前置詞
 
−その他のポイント−
・過去完了進行形について
・未来完了進行形について
 
−その他のポイント−
・in time と on time
・「〜まで」の by と until
・「〜から〜まで」の from...to(until)
・before, after と since, for
・「〜以内」の within
on+動名詞(動詞のing形)
 
−Day39−
前置詞A
1.at と in
2.on と over, under
−Day40−
前置詞B
1.〜の前、〜の後ろ、〜のとなり
2.〜にそって、〜を通って、〜の周り
3.with と without
 
−その他のポイント−
・into について
・in と at について
・乗り物に乗るときの on と in
・over と on
・above と below について
 
−その他のポイント−
・between と among について
・along
・through「〜を通って」
・around (round)「〜の周り」
・across「〜の向こう」
・「〜の近くに」の by と beside
with があらわす付帯状況
 
−Day41−
代名詞@
1.I / you / she
2.It's mine. / myself
3.it の仮主語・強調構文
4.It seems that / It happens that
−Day42−
代名詞A
1.this / these / that / those
2.this one
3.前者と後者
4.those who
 
−その他のポイント−
・総称的な we, you, they
・a friend of mine について
・ by myself について
・ it であらわす時間、距離など
・仮主語の文と強調構文の区別
 
−その他のポイント−
・This is Ann.(電話応対)
・one について
・ the former と the latter
・so の代名詞的使い方
 
−Day43−
代名詞B
1.other と another
2.somebody / anybody
−Day44−
分詞構文
1.現在分詞と過去分詞
2.分詞構文
3.独立分詞構文
4.挿入語句
 
−その他のポイント−
・形容詞としての other
・ものを数えるときの another
・形容詞としての another
・not 〜 any について
・everybody について
・somewhere について
・ each other について
 
−その他のポイント−
・理由をあらわす分詞構文
・付帯状況をあらわす分詞構文
 
−Day45−
使役動詞
1.let
2.make
3.have
4.get
5.付加疑問文
−Day46−
知覚動詞
1.知覚動詞とは?
2.〜するのを見た
3.〜しているのを見た
4.〜したのを見た
知覚動詞と形容詞の分詞との違い
 
−その他のポイント−
・ Let's について
・make の受動態
・let と make の意味の違い
have+目的語+現在分詞
・help であらわす使役
 

 
−Day47−
時制の一致
1.時制の一致の基本
2.直接話法と間接話法
3.間接疑問文の時制の一致
−Day48−
仮定法@
1.「もしも〜なら、〜だろう」
2.「もしも〜だったら、〜だったろう」
仮定法の応用
If it were not for 〜
 
−その他のポイント−
・従節の動詞が過去だったら?
・従節に助動詞がある場合
 
−その他のポイント−
・ありそうもない仮定
・仮定法過去と仮定法過去完了の
 文のつくりの比較
・仮定法現在
・But for と Without

 
−Day49−
仮定法A
1.wish と hope
2.as if (as though)
were to
would rather
  +主語+動詞の過去形
−Day50−
関係代名詞@
1.関係代名詞とは?
2.関係代名詞の who
3.関係代名詞の whose
4.関係代名詞の whom
関係代名詞の制限用法と
  非制限用法
 
−その他のポイント−
・wish の仮定法
・wish to
・as if +現在・未来
 
−その他のポイント−
・関係代名詞の動詞の形
 
−Day51−
関係代名詞A
1.関係代名詞の which
前置詞の目的語
  としての which
関係代名詞 which の
  非制限用法
−Day52−
関係代名詞B
1.関係代名詞の that
2.関係代名詞の what
 
−その他のポイント−
・主語に対しての which
・目的語としての which
・所有をあらわす which
 
−その他のポイント−
・主語としての that
・目的語としての that
・that が主に使われる場合
that で置き換えられない場合
・what のもう1つの先行詞

 
−Day53−
関係副詞@
1.関係副詞の when
2.関係副詞の where
where の注意するところ
非制限用法について
−Day54−
関係副詞A
1.関係副詞の why
2.関係副詞の how
3.whoever
 (複合関係代名詞)について
4.wherever
 (複合関係副詞)について
 
 
−その他のポイント−
・whichever について
・whatever について
・whenever について
・however について
・接続詞的な however

 










<英語喫茶TOPへ>







英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜