英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英文法の発展的学習

英語喫茶英文法の発展的学習>whatの応用 発展の2




もう少しだけ踏み込んだ英語学習
英文法の発展的学習
2

whatの応用


基礎からの英語学習-1項目目

「What if」


   「What if ~ ?」は「~をしたらどうなるだろう」という意味です。「What if」の後には「主語+動詞」が続きます。問いかけや提案として使うことができます。

 What if we move the bookshelf?(本棚を動かしてみたらどうだろう。)
 What if a war break out?(戦争が起きたらどうなるだろう。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「What ~ for」


   「What」の文末に「for」を続けて、「なぜ」や「どうして」というように「理由」をたずねることができます。(「What for?」と単独でたずねることもあります。)

 What did you do that for?(なぜあのようなことをしたのですか。)
 What did you go overseas for?(どうして外国に行ったのですか。)


 「Why」で書き換えられます。






基礎からの英語学習-第3項目

その他の応用


 <What do you say to ~ ?>
 「~はいかがですか」と「提案」をすることができます。「to」の後は「動詞のing形」が続くことに注意してください。それはこの「to」が前置詞というものだからで、動詞をそのまま続けることができないからです。

 What do you say to going for a walk?(散歩に行きませんか。)
 What do you say to a drink?(1杯いかがですか。)

 上のように「to」の後には、「名詞」を続けることもできます。


<what is more(worse)>
 「what is more」は「さらに」や「おまけに」というように、「良いこと」を重ねて言うときに使うことができます。それとは逆に「what is worse」は「もっと悪いことに」という意味で使います。

 He is a violinist, and what is more, he is a scholar.
 (彼はヴァイオリニストだし、おまけに学者です。)
 It's expensive, and what is worse, it's out of date.
 (それは高いし、さらに流行遅れだ。)


<A is to B what C is to D.>
 「AのBに対する関係はCのDに対する関係と同じです」という意味です。

 The teaching plan is to the teacher what the design is to the architect.
 (教師にとっての教案は建築家にとっての設計図と同じです。)

whatの用法(A is to B what C is to D)について whatの用法(A is to B what C is to D)について



 「what」を「as」にすることもできます。「what」だけを替えるので<A is to B as C is to D>の型になります。






英文法の発展的学習 練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習の発展的学習の記述式練習問題1
what の構文について
問題数:7問


 



基礎からの英語学習の発展的学習カット






<英語喫茶トップページへ>




 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます