英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>現在完了形4 継続 Day67



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 67

現在完了形4 継続

 今回も現在完了形の続きになります。
 継続を表す用法についてふれていきます。

基礎からの英語学習-第3項目

継続(その1)


   現在完了形の継続とは、ある過去の時点から出来事が継続している状態を表します。そこで、動詞も継続(状態)を表すものを使います。たとえば「know」、「have」、「live」、「like」、「keep」などがあります。それは、動作を表す動詞を現在完了形で使うと、完了・結果を表してしまうからです。

 I have known him since he was a child.
 (私は彼を子供の時から知っています。)
 I have not seen him since last year.(彼を去年からずっと見ていません。)
 She has remained abroad since.(彼女はその後ずっと外国にいます。)

 上で使われている「since」は、ある過去の出来事の始まり(起点)を指します。1つ目の接続詞の他に、2つ目の前置詞(名詞の前に置きます。)や、3つ目の副詞としても使います。3つ目の文末におかれている「since」は副詞になりますが、since then(その時以来)という意味です。


 She has been sick in bed for five days.
 (彼女は5日間、病気で寝ています。)
 I have lived here for three years.(私はここに3年前から住んでいます。)

 上で使われている「for」は、起点ではなく「期間」を表します。「for」の後には、「名詞」を続けます(「for」は前置詞のため)。


 現在完了形の継続用法では、その継続を表すために「since」や「for」がよく使われます。


 「since」の時間的流れを図にすると次のようになります。
 たとえば I have smoked since I was a university student.「私は大学生の時からずっとタバコを吸っています。」を例にしてみます。



現在完了とsinceの用法について 現在完了とsinceの用法について



 「since」は起点を示し、そこから現在まで継続していることになります。


 また、「for」の時間的流れは次のようになります。
 たとえば I have lived here for three years.「私はここに3年前から住んでいます。」を例にしてみます。



現在完了(継続)とforとの用法について 現在完了(継続)とforとの用法について




 「for」は期間だけを示します。
 現在完了形は現在から眺めた感じになるので、その期間は現在からスタートします。


 「for」が表すのは「~の間」というように期間になります。しかし、現在完了形は現在から見た過去のことなので、「何年前から」というようにも訳すことになります。これは日本語訳にしづらいことの1つです。


 次は比較をするために、過去形で使う「for」について見てみます。
 たとえば I smoked for ten years.「私は10年間タバコを吸っていました。」は、単なる過去のことなので、現在は吸っていないことになります。



現在完了と過去形の比較(forとの共起)について 現在完了と過去形の比較(forとの共起)について




 「for」が表す10年間は、現在と接していません。
 そこで過去の時間帯において、「どこかの10年間」ということになります。






基礎からの英語学習-第4項目目

継続(その2)


   現在完了形の継続用法について、疑問文にするには「How long」を使います。
 たとえば、ある人が函館に3日前から旅行に来ていて観光の最中だとします。そこに「どのくらい函館に滞在していますか。」と聞く場合は次のようになります。

 How long have you been in Hakodate?

 その答えとしては、次のようになります。

 I have been in Hakodate for three days.
 (私は函館に3日前から滞在しています。)


 また、聞くときが水曜日だとしたら、次のようにもなります。

 I have been in Hakodate since Sunday.
 (私は日曜日から滞在しています。)


 観光客に聞くときは、当然観光客は函館に滞在している最中なので、現在までの継続している状態になります。


 How long have you been in London?
 (どのくらいロンドンに滞在していますか。)
 I have been in London since July.
 (私はロンドンに7月から滞在しています。)

 How long has he lived in Japan?(彼は日本にどのくらい住んでいますか。)
 He has lived in Japan for ten years.
 (彼は日本に10年前から住んでいます。)


 現在完了形の継続で使う動詞は、継続(状態)を表す動詞です。「動作」を表す動詞でこの継続を表すためには、次回でふれる「現在完了進行形」を使います。

(現在完了の継続用法については、英語の時間的感覚(3.1.2.2)を参照することができます。)







英文法の休息




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

※ここでの問題の内容は前回のレッスンと同じです。前回の内容を確認しながら練習してみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
現在完了形の経験または継続について
問題数:9問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

※ここでの問題の内容は前回のレッスンと同じです。前回の内容を確認しながら練習してみてください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
現在完了形(経験・継続)について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の現在完了4 基礎からの英語学習67日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます