英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>asの接続詞 Day57



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 57

asの接続詞

 今回は接続詞としてのasの使い方についてふれていきます。
 またwonder ifについてもふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「as」(~をしながら)


   「as」は「~をしながら」というように、「while」と似た意味があります。また「~をするにつれて」というように、物事が並行していることを表すことができます。

 As they appeared on the stage, we applauded.
 (彼らがステージ上に登場してきたとき、私達は拍手をしました。)
 As we were talking, she came up.
 (私達が話をしていたら彼女がやってきました。)
 As the sun rose, a fine view of the sea came into sight.
 (太陽が昇るにつれて美しい海の景色が見えてきました。)


 「as」には2つの出来事が、ほぼ同時に起きているという意味があります。
 そこで同時性ではなくて、時間的に順序がある場合は「when」のほうを使います。


 また、次のように理由をあらわすためにも使うことができます。しかし、理由の意味が弱いです。聞き手が既に知っている理由ということになりますので、間接的または補足的な理由になります。

 As the highway is under construction, we have to endure noise.
 (幹線道路が建設中なので、私達は騒音に耐えなければなりません。)

 聞き手が知っている理由としては、「since」も類似した意味を持っています。(「since」の理由については、英文法の発展的学習 16を参照してください。

 「as」には多くの意味があるので、それが理由を表している文なのかどうか曖昧になる場合もあります。そこでそれを避けるために、明確に理由を表す場合は「because」を使うのが普通です。


 「as」は「~として」というように、人の「役割」を表すこともできます。この場合は前置詞として使いますので、「as」の後には「名詞」が置かれます。このとき、冠詞は役職を表す場合にはつけません。

 I acted as chairman.(私は議長として務めました。)
 He works as a cook at the hotel.
 (彼はホテルで料理人として働いています。)


 「regard」や「accept」などの動詞に「as」を続けてから、名詞や形容詞などを「as」の後に続けることができます。(「as」の後は補語として使われることになります。)

 We regard him as the best veterinarian in this town.
 (私達は彼がこの街一番の獣医と思っています。)
 We accepted her story as true.
 (私達は彼女の話を真実として認めました。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「wonder if」(~かしら)


   「wonder」には「不思議に思う」や、「驚く」という意味があります。知っている事実とは異なる事実を得て、不思議さや驚きを感じることになります。

 I wondered at her picture.
 (彼女の絵を見て「どのように描いたのだろうか」不思議に思った。)
 I wondered how the Japanese soccer team beat the Brazilian soccer team.
 (日本のサッカーチームがブラジルをどうやって負かしたのか不思議です。)


 the Seven Wonders of the worldは「世界の七不思議」という意味です。


 この「wonder」に「if」を続けて、「(人)が~かしらと思う」という意味で使うことができます。

 I wonder if I can get the ticket.
 (そのチケットを入手することができるだろうか。)
 I wonder if I'll meet her today.(今日は彼女に会えるだろうか。)
 I wonder if I can ask her out.(彼女をデートに誘っていいだろうか。)


 「wonder if」で丁寧な依頼を表すこともできます。これに過去形や過去進行形を使うとより丁寧になります。

 I was wondering if you could help me.
 (手伝っていただけませんか。)








英文法の休息
 



レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
as の使い方について
問題数:4問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

※エクササイズ2は次のレッスンに関する問題も含まれています。今回のレッスンを踏まえて、次回のレッスンの感じもつかんでおきましょう。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
as の文について
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
wonder, unless について
問題数:4問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語のasの接続詞 基礎からの英語学習57日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます