英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>時制の一致 Day49



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 49

時制の一致

 今回は時制の一致についてふれていきます。基本からふれて、それから直接話法と間接話法の時制の一致にふれていきます。
 また間接疑問文の時制の一致も見ていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

時制の一致の基本


   動詞(主節の動詞)にもう一方の動詞(従属節の動詞)の形を合わせることを、「時制の一致」といいます。たとえば I know she is beautiful.「私は彼女が綺麗だということを知っています。」は、I know が表している通り現在の時点のことです。これを過去の時点のことと考えた場合は、「私は知っていました。」という意味にしなければなりません。そうすると「I know」を「I knew」にします。

 そして、英語では主節の動詞(know)を過去形にした場合は、従属節の動詞(is)もそれに合わせて過去形にします。次のようになります。

 I knew she was beautiful.
 (私は彼女が綺麗だということを知っていました。)


 上の場合は、「私は彼女が綺麗だったということを知っていました。」とは訳しません。それは日本語には、英語のような時制の一致というものがないからです。


 ところで、従属節の動詞がもともと過去形だったらどうなるでしょうか。たとえば次の例を見てください。

 I know she was a novelist.(私は彼女が小説家だったことを知っています。)

 動詞「know」(主節の動詞)は現在形ですが、従属節の動詞は「was」というように、すでに過去形になっています。ここに時制の一致をする場合は、過去形の動詞を過去完了形にします。

 I knew she had been a novelist.
 (私は彼女が小説家だったことを知っていました。)


 過去完了形とは「had+過去分詞」のことをいいます。上の場合「was」の原形である「be」の過去分詞は「been」ですので、「had been」になります。

 過去完了形は過去形よりも一段古い時点のことを指します。もしも従属節の動詞がもともと過去完了形の場合は、それ以上の古い時点を指す形式が英語にはありませんので、そのままになり変化をしません。


 また、従属節に助動詞がある場合は、助動詞を過去形にします。たとえば I think she will come back.「私は彼女が戻ってくるだろうと思います。」は、次のようになります。

 I thought she would come back.(私は彼女が戻ってくるだろうと思った。)


 従属節が現在完了形(have+過去分詞)の場合も、過去完了形にします。






基礎からの英語学習-第2項目目

直接話法と間接話法の時制の一致


   時制の一致は、直接話法が間接話法になるときに生じることが多いです。
 直接話法とは、話したことをそのまま表すことを言います。たとえば「Ann」が「私はうれしいです。」というように、ある時点で話した場合は、次のようになります。

 Ann said, "I am happy."(アンは「私はうれしいです。」と言いました。)

 上の I am happy. は、「Ann」が自分で話した内容です。(「I」=「Ann」)
 このような文を直接話法といい、話した部分は「"」で囲みます。


 それに対して間接話法とは、話したことをそのまま表すのではなく、それを「他の人の側に立って」表すことをいいます。たとえば「John」が「私は面白かったです。」というようにある時点で話した場合、それを他の人が伝えるとすると次のようになります。

 John said he was interested.(ジョンは面白かったと言いました。)

 「he」は「John」のことです。他の人の側に立って伝えるので、「I」にはなりません。このような文を間接話法といいます。


 直接話法の Ann said, " I am happy."を、間接話法にする場合に時制の一致をしますが、その場合は「"I am happy."」の動詞である「am」を、「Ann said」の動詞の形「said」に合わせます。そうすると次のようになります。

 Ann said she was happy.

 間接話法にするので「"」を取ります。「"」の中は「Ann」が直接話した内容なので、動詞の形には変化を与えていませんでした。しかし、間接話法として他の人の側に立つ場合は、主節の動詞の影響を受けることになります。

 さらに、他の人の側からみた場合、「"」の中の「I」はおかしくなります。そこで「I」を「Ann」の代名詞として、「she」に変えます。


間接話法と直接話法の時制の一致について 間接話法と直接話法の時制の一致について



 「Ann said」の「said」が、もともと現在を表す「say」の場合は、時の関係に変化がないことになります。その場合は、従属節の動詞の形もそのままで変わりません。

 Ann says she is happy.








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

間接疑問文の時制の一致


   間接疑問文とは、一方の文の中に疑問文を組み入れたものです。もとの文が主節で、組み入れる疑問文が従属節になります。このとき、この従属節の動詞に時制の一致をします。
 たとえば次の例を見てください。

 We know how long you will stay in London.
 (私達はあなたがどのくらいロンドンに滞在する予定かを知っています。)

 上の主節は We know ですが、これを We knew にすると、次のように従属節の助動詞もそれに合わせて過去形にします。

 We knew how long you would stay in London.


 間接疑問文については基礎からの英語学習Day19を参照してください。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
時制の一致について
問題数:8問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
時制の一致(直接話法と間接話法)
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の時制の一致 基礎からの英語学習49日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます