英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>副詞の使い方と位置 Day26



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 26

副詞の使い方と位置

 今回からは副詞についてふれていきます。副詞とは主に動詞を修飾して、ある表現を加えていきます。
 今回はその副詞の基本と、文中においての副詞の置き方(位置)について見ていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

副詞の基本


   I opened the door.は「私はドアを開けた。」という意味です。この文に「slowly」を加えてI opened the door slowly.とすると、「私はドアをゆっくり開けた。」となります。「slowly」は「ゆっくり」という意味の「副詞」ですが、このように副詞は動詞を修飾して表現を加えることができます。また副詞の多くは、語尾が「ly」の形になっています。

 Please don't speak quickly.(早く話さないでください。)
 [quickly = すばやく]
 She suddenly stopped.(彼女は突然止まった。)
 He should speak clearly.(彼ははっきりと話した方がいい。)
 [clearly = 明らかに、はっきりと]


 副詞は動詞以外にも形容詞や他の副詞、または文全体を修飾することができます。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第2項目目

副詞の位置


   副詞を置く位置は形容詞と違い、比較的自由です。それはどの位置においても同じ意味をあらわす場合が多いことや、1つの文にいくつもの副詞を入れることができるからです。
 そこで、副詞は文中、文頭、文末におかれることになりますが、以下の3つの副詞の置き方は、動作や行為の様子をあらわす副詞についての基本的な位置になります。

1<基本的に動詞の前>
 副詞は基本的に動詞の前に置きます。その動詞の後に何もなければ、その後ろに続けます。

 He kindly waited for me.(彼は親切にも私を待ってくれた。)
 She behaved foolishly.(彼女は愚かな行動をした。)
 [behave = ふるまう]

 She behaved foolishly. は、She behaved. というように動詞の「behaved」の後に何もなかったので、その後に副詞の「foolishly」を続けています。


2<助動詞があるときは助動詞の後>
 She can fluently speak English.(彼女は流暢に英語を話せます。)
 [fluently = 流暢に]

 助動詞「can」の後に置きます。


3<be動詞があるときはbe動詞の後ろ>
 This door is always open.(このドアはいつも開いています。)

 be動詞「is」の後に置きます。


 「well」は「よく」や「うまく」、「かなり」など意味が多い副詞です。基本的に動詞の後ろに置きます。しかし動作や行為の様子を表す場合は、文末におかれることが多いです。

 They speak English well.(彼らはうまく英語を話します。)


 次に副詞の置き方について、少し踏み込みます。副詞の位置は比較的自由ですが、位置によって文の意味が変わる場合があります。たとえば、副詞を「to不定詞」に続く中に置いた場合は、その中にある動詞を修飾するのが普通です。それから、「節(主語+動詞)」が2つある場合、一方の「節」の中に置いたときは、その中にある動詞を修飾するのが普通です。
 「to不定詞」の場合を例にすると、I secretly decided to leave the party. の副詞「secretly」は、動詞「decided」を修飾します。しかしその「secretly」を後ろに置いた I decided to leave the party secretly. では、動詞「leave」を修飾します。

英語の副詞の位置について 英語の副詞の位置について



 副詞は比較的自由に置くことができますが、動詞と目的語の間には置かないのが普通です。





レッスンの確認問題
このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
基本的な副詞の位置について
問題数:5問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
副詞の基本について(その1)
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
副詞の基本について(その2)
問題数:4問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の副詞の使い方と位置 基礎からの英語学習26日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます