英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>助動詞と完了形 Day84



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 84

助動詞と完了形

 今回は助動詞にhave+過去分詞が続いた用法についてふれていきます。
 may、can't、mustに、have+過去分詞が続く用法についてふれていきます。(shouldについては前回の基礎からの英語学習Day83でふれています。)

基礎からの英語学習-1項目目

may have+過去分詞(「may」の応用)


   「may have+過去分詞」は、「~をしたかもしれない」という意味です。これは、過去のことに対しての「推測」を表します。

 She may have forgotten about it.(彼女は忘れたのかもしれない。)
 He may have read my diary already.
 (彼はすでに私の日記を読んでしまっただろう。)

 前回の基礎からの英語学習Day83でふれた「should have+過去分詞」も同じ意味で使うことができますが、「推測」の意味では、この「may have+過去分詞」のほうを使い、「should have+過去分詞」は「後悔」や「非難」を表す場合に使います。


 「may」の代わりに「might」を使って、「might have」にしても同じ過去のことに対しての「推測」を表すことができます。可能性の意味は、より少ない意味になります。

 また、見た目は仮定法過去完了になってしまいます。

 She might have checked my phone logs.


 このように、「may have+過去分詞」は過去のことに対しての「推測」なので、次のように「possible」を使って表すことができます。

 It is possible that she forgot about it.

 「that」の後は過去形ですが、その前は現在形になります。


英文法の発展的学習へ mayによる発展的学習は英文法の発展的学習33を参照してください。






基礎からの英語学習-第2項目目

can't have+過去分詞(「can」の応用)


   「can't have+過去分詞」で、「~をしたはずがない」という意味になります。これは過去のことに対しての「推測」を表します。
 この意味は上の「may have+過去分詞」と似ていますが、肯定の意味の場合は上の「may」を使います。そして否定の意味の場合は、この「can't」のほうを使います。

 They can't have seen it.(彼らがそれを見たはずがない。)
 Mary can't have told a lie.
 (メアリーがうそをついたはずがない。)


 「can't have+過去分詞」は、次のように「possible」を使って書き換えることができます。

 It is not possible that they saw it.

 「that」の後は過去形になります。そしてその前は現在形ですが、否定になっています。


英文法の発展的学習へ canの発展的学習は英文法の発展的学習34を参照してください。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

must have+過去分詞(「must」の応用)


   「must have+過去分詞」で、「~だったにちがいない」という意味になります。
 これは過去のことに対しての「推測」を表すことができます。
 しかし推測の意味でも、「~にちがいない」というように「断定」をすることになります。当然、「1」の「may have+過去分詞」よりも強い意味になります。

 She must have dreamed.(彼女は夢を見たに違いない。)
 They must have been pleased.(彼らは喜んだことだろう。)


 否定にする場合は「can't have+過去分詞」を使います。


 「must have+過去分詞」は、次のように書き換えることができます。
 この場合「断定」を意味するので「may」や「can」とは異なり、「possible」ではなく「certain」のほうを使います。

 It is certain that she dreamed.

 「that」の後は過去形になります。その前は現在形です。




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
助動詞と完了形について
問題数:9問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
助動詞+完了形の文について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



「基礎からの英語学習」のレッスンはこれで終わりになります。
これまで本当にお疲れ様でした。



その他英語に関するコンテンツの紹介です。

少しだけ踏み込んだ英語学習へ → 英文法の発展的学習
英語学習の参考として → 英語学習の豆知識



英語の助動詞と完了形 基礎からの英語学習84日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます