英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>不定代名詞 otherとanother Day47



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 47

不定代名詞 otherとanother

 今回は不特定のものを表す代名詞についてです。otherやanotherの使い方についてふれていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「other」(他の人)


   「other」は「他のもの」や「他の人」という意味です。これは漠然とした「他の~」という意味ですが、特定されると「the」をつけて「the other」にします。この「特定される」とは、たとえば「2つあるうちの他の1つ」というように、2つのものから1つを選んだ場合の残りの1つを意味します。このとき話し手は、当然残りが1つであることを知っていることになります。

 One is for her and the other is for him.
 (1つは彼女の、もう1つは彼のものです。)

不定代名詞otherについて 不定代名詞otherについて


 また、「other」の複数形は「others」になります。漠然とした「他のもの」や「他の人達」という意味ですが、これも特定されると「the others」になります。特定される「残りの2つ以上のもの」を意味します。この場合も話し手は、残りのものについて知っていることになります。

 Be kind to others.(他人に親切にするようにしなさい。)
 One is for her and the others are for him.
 (1つは彼女の、残りは彼のものです。)

不定代名詞the othersについて 不定代名詞the othersについて



 「other」に「than」が続いた「other than」は、「~以外」という意味になります。

 I have read books other than this book.
 (この本以外の本を読みました。)


 それから、最初に選択をするのが1つではなくて、複数の場合は「some」を使います。そして特定される全ての残りについては、やはり「the others」を使います。

 Some of the boys were late, but the others were in time for the match.
 (何人かの少年達は遅れたけれども、他の少年達は試合に間に合いました。)

不定代名詞some、the othersについて 不定代名詞some、the othersについて



 「other」は名詞の前に置いて使うことができます。(形容詞として使います。)

 Do you have any other questions?(他に質問はありませんか。)
 The other boys are out now.
 (今、他の少年達はみんな外出しています。)








英文法の休息







基礎からの英語学習-第2項目目

「another」(もう1人)


   「another」は「もう1つの」や、「もう1人」という意味です。漠然とした「もう1つの」という意味になります。そこで、同じ「1つの」という意味の the other の代わりに、この「another」を特定された残りの1つを指すために使うことができません。
 「another」を使う場合は、他にいくつかのものが存在することを意味に含みます。

 Show me another.(別のもう1つを見せてください。)
 I drank a cup of coffee and ordered another.
 (私は一杯のコーヒーを飲んでから、もう一杯注文しました。)
 To know is one thing; to teach is another.
 (知っていることと教えることは別問題である。)(ことわざ)

 上のように、「another」は、何かを特定しているわけではありません。
 漠然といくつかあるうちの、その1つという意味です。


 「another」には「a(an)」や、「the」の冠詞をおきません。それは「another」が、「an」と「other」が一緒になってできた語だからです。

 したがって常に不特定のものを表すので「this」や「my」のような特定させるものも置きません。(このように、特定をしない「another」のような代名詞を「不定代名詞」といいます。)

 × my another book
 ○ my other book

 しかし、次のようにはできます。

 ○another book of mine(私のもう1つの本)


 また、「another」には、漠然とした意味があることから、たとえば多くのものがそこにあって、それを1つずつ数えるときにも使うことができます。数え方は、最初に「one」を使ってから「another」を使っていきます。

 4つのあるものを数える場合、1つ目は「one」を使います。そして2つ目からは、「another」を使います。3つ目も「another」になります(3つ目ということで「the third」も使えます。)。そして4つ目は、最後に特定された残りの1つということで「the other」を使って数えます。

不定代名詞anotherについて 不定代名詞anotherについて



 「another」は名詞の前に置いて使うこともできます(形容詞として使えます)。「another」は「an+other」の語なので、修飾するのは「単数の可算名詞」になります。

 I have another cellular phone.
 (私はもう1つ携帯電話を持っています。)


 不可算名詞に対しては、代わりに「some more」を使うことができます。

 Would you like some more coffee?
 (コーヒーをもう一杯いかがですか。)

 しかし、別のカップに注いで持ってくる場合は「another」を使うことができます。

 Would you like another coffee?
 (「別のカップに」もう一杯いかがですか。)




レッスンの確認問題
 このレッスンにおいて、確認をするための問題です。余裕がありましたら、チェックしてみてください。

基礎からの英語学習-確認問題1
other の使い方について
問題数:4問

選択式問題の解説


 





ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
other について
問題数:5問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
another と the other について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の不定代名詞 基礎からの英語学習47日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます