英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習>whoseとwhichの疑問文(疑問詞) Day14



84回のレッスンで
基礎から英文法をマスター

Day 14

whoseとwhichの疑問文(疑問詞)

 今回は疑問詞のwhoseとwhichを使った疑問文についてです。
 また所有を表す方法についても見ていきます。

基礎からの英語学習-1項目目

「Whose」


   「誰の~ですか」というように、「誰の」と物の持ち主を聞くことができます。型は2つあります。1つは<Whose+名詞>で形容詞的に「誰の~」という意味で使います。もう1つは「Whose」だけで代名詞的に、「誰のもの」という意味で使います。

・<Whose+名詞>
 「whose」の後に物などの名詞を続けます。後は普通の疑問文のようにしていきます。

whoseの使い方について whoseの使い方について

 Whose bag is this?(これは誰のかばんですか。)
 Whose books are these?(これらは誰の本ですか。)


・<Whoseだけ(誰のもの)>
 Whose is this bag?(このかばんは誰のですか。)
 Whose are these books?(これらの本は誰のですか。)


 <Whose+名詞>と「Whose」だけの場合とで、日本語訳に違いがあることに注意してください。しかし最初の<Whose+名詞>のほうを普通は使います。







基礎からの英語学習-第2項目目

「それは~のものです」


   「それは~(誰の)ものです」というように、「所有」の表し方についてふれていきます。

1<my+名詞>
 「I」は「my」、「we」は「our」に変えてから、名詞を続けます。そうすると、「私の~」や「私達の~」を表します。

 This is my notebook.
 These are our notebooks.

 変化は次のようになります。

 I → my
 we → our
 you → your
 he → his
 she → her
 they → their
 it → its


 「its」と「it's」は似ていますので注意してください。
 「its」は「その~」というように所有の意味ですが、「it's」は「it is」の短縮形です。


2<mine>
 上の「my」とは違って「mine」は、それだけで「私の物」という意味です。

 This is my cup.(これは私のカップです。)
 ↓
 This is mine.(これは私の物です。)

 This is our cup.
 ↓
 This is ours.

 変化は次のようになります。

 I → mine
 we → ours
 you → yours
 he → his
 she → hers
 they → theirs

 (heの場合は、上のhisと同じ形になります。)


 「my」などは名詞の前において使うので、It's my. とすることはできませんが、「mine」などは It's mine. として使うことができます。このような「mine」などを、「所有代名詞」といいます。

3<「's」をつける>
 名詞の語尾に「's」(アポストロフィー+S)をつけて、「~の」とあらわします。

 Ann's book(アンの本)
 John's watch(ジョンの時計)

 複数名詞の場合はすでに「s」がついていることになりますので、「'」だけをつけます。

 friends' CD
 students' room

 しかし語形変化をする複数名詞には、「's」をつけます。

 man → men → men's
 child → children → children's


4<「of」をつける>
 「of」を続けて「~の」という意味をあらわします。

 the roof of the house(家の屋根)
 the name of this town(この街の名前)


 「's」と「of」の基本的な違いは、「's」は人や動物に使い、「of」は物や場所 に使うことです。ただし、次のように時や場所について、「's」が使われることがあります。

 Today's newspaper(今日の新聞)
 Japan's climate(日本の気候)


 1で説明をしている「my」などを冠詞の「a(an)」と「the」や、「some」、「this」などと一緒に使うことはできません。

 × a my friend
 × some my friend

 この場合「a friend of mine」や「some friends of mine」のように、「of+所有代名詞」で表すことになります。








英文法の休息







基礎からの英語学習-第3項目

「Which」


   「どちらの」や「どれ」というように聞くことができます。限定されたものの中から、どちらかを選択させるのに使います。この「which」にも型が2つあります。1つは<Which+名詞>で形容詞的に「どちらの~」という意味で使います。もう1つは「Which」だけで代名詞的に「どれ」という意味で使います。

・<Which+名詞>
 「which」の後に物などの名詞を続けてから、普通の疑問文のようにしていきます。

whichの使い方について whichの使い方について

 Which book is yours?(どちらの本があなたのですか。)
 Which glass is the cheaper?(どちらのグラスが安いですか。)


・<Whichだけ(どれ)>
 次は「which」だけを使っています。日本語訳の違いに注意してください。
 Which is your book?(どれがあなたの本ですか。)
 Which is the cheaper glass?(どれが安いグラスですか。)


 形容詞とは、名詞を修飾する語句のことをいいます。名詞の前において使います。
 代名詞とは、「I」や「she」などのことで、文中に一度でてきた語句を再び繰り返さないように使われます。









ワンランク上の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習-記述式練習問題1
whoseの疑問文について
問題数:4問

記述式問題の解説

基礎からの英語学習-記述式練習問題2
whichの疑問文について
問題数:5問

記述式問題の解説

 



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。





英語の whose と which の疑問文 基礎からの英語学習14日目カット  







<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます