英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習wouldとshouldの応用 Day83>should have の使い方について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式2  should haveの使い方について




解説です

 should haveの使い方についての問題です。
 should haveの後に過去分詞を続けることで、「~をすればよかった」という意味を表すことができます。
 これは「後悔」や「非難」を表すことになります。


問題1について
 解答は次のようになります。
 You should have told me.

 まずはYou should haveと続く文を見ていきます。
 それから「have」の後に過去分詞が置かれている文を見ていきます。
 ここで使われている過去分詞は「told」です。
 You should have told me. で、「あなたは私に話しておけばよかったのに。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 You should have had some breakfast.

 ここで使われている過去分詞は「had」になります。
 You should haveの後にさらに「have」の過去分詞が続くことになりますが、文法上は問題ありません。
 You should have had some breakfast. で、「あなたは朝食をとればよかったのに。」という意味になります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 He should have accepted the responsibility.

 主語が「He」なので、He should haveと続く文を見ていきます。
 その後に過去分詞が置かれている文を選択しますが、ここで使われている過去分詞は「accepted」になります。
 He should have accepted the responsibility. で、「彼はその責任を受け入れればよかったのに。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 You shouldn't have married me if you didn't trust me.

 ここでは注意することがあります。それは「not」が使われていることです。
 should haveの否定形になりますが、その否定形はshouldn't haveです。
 これで「~をすべきではなかった」という意味になります。

 ここで使われている過去分詞は「married」です。
 またif節の文も後ろに続いています。
 You shouldn't have married me if you didn't trust me. で、「あなたが私を信用しなかったのなら、あなたは私と結婚すべきではなかった。」という意味になります。

 You shouldn't have married meのところで、「あなたは私と結婚すべきではなかった」という意味になります。


問題5について
 解答は次のようになります。
 I shouldn't have picked it up.

 この問題でも「not」が使われています。
 「not」が使われているので、shouldn't haveになります。
 使われている過去分詞は「picked」です。
 I shouldn't have picked it up. で、「私はそれを取るべきではなかった。」という意味になります。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます