英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習仮定法 wishとas if Day75>wish の仮定法について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  wishの仮定法について




解説です

 「wish」を使っての仮定法についての問題です。
 「wish」の後ろに、「主語+過去形」の形を続けて、仮定法過去の意味を表すことができます。
 また、「wish」に「主語+過去完了の形」を続けて、仮定法過去完了の意味を表すことができます。

 ( )の中には、日本語の指示がありますので、それに注意をして選択していきます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 I wish I were with you.

 I wishの後ろに続く文を見ていきます。( )の中には「仮定法過去」とあります。ここで「主語+過去形」の形が続く文を見ますが、最も適当と思われるのはI were with youと続いている文になります。
 I wish I were with you. で、「あなたと一緒ならいいのに。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 I wish it was Christmas all the time.

 I wishの後に続く文で、「主語+過去形」の形になっているのは、it was Christmas all the timeです。
 I wish it was Christmas all the time. で、「ずっとクリスマスならいいのに。」という意味になります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 I wish she had done.

 ここからは( )の中に「仮定法過去完了」とあるように、I wishの後ろに「主語+過去完了の形」が続いている文を見ていきます。これで仮定法過去完了の意味を表すことができます。

 過去完了の形ですので「had+過去分詞」が続きます。すると、she had doneとなっている文が続く選択肢を選ぶことになります。
 I wish she had done. で、「彼女がしていたらよかったと思います。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 I wish he had been my son.

 ここでもI wishの後に「主語+過去完了の形」が続く文を見ていきます。
 ここでの過去完了の形はhad beenとなっているところです。
 I wish he had been my son. で、「彼が私の息子だったらよかったと思います。」という意味になります。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます