英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習分詞と分詞構文 Day69>分詞構文について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式2  分詞構文について




解説です

 分詞構文についての問題です。
 分詞構文とは、文頭に現在分詞、または過去分詞を置いて作っていきます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 Seeing him, she smiled at him.

 ここで使われているのは、現在分詞です。つまり「動詞のing形」ですが、それが文頭に置かれているのは、問題文の中で2文だけです。
 Seeing him のあとにshe smiled at himとsmiled at himが続いている文がありますが、現在分詞または過去分詞のあるところに続くもう一方の文には、主語が置かれますので、she smiled at himのある文を選択していきます。

 Seeing him, she smiled at him. で、「彼を見たとき、彼女は彼に微笑みました。」という意味になります。

 ここでの分詞構文は、「~をしたとき」という意味をあらわしています。


問題2について
 解答は次のようになります。
 Reading a magazine, he felt hungry.

 ここでも使われているのは、現在分詞になります。したがってこの場合、「reading」が文頭に来ている文を見ていきます。
 Reading a magazine の後に、felt hungryとhe felt hungryが続いている文があります。そこで主語のあるhe felt hungryが続いている文を選択します。

 Reading a magazine, he felt hungry. で、「雑誌を読んでいるときに、彼は空腹を感じました。」という意味になります。

 ここでの分詞構文では、「~をしている間」という意味をあらわしています。


問題3について
 解答は次のようになります。
 Asked some questions, she was not able to answer.

 ここで使われているのは、過去分詞です。そこで「asked」が文頭に置かれている文を見ていきます。
 Asked some questions の後に、was not able to answerとshe was not able to answerが続いている文があります。そこでshe was not able to answerが続いている文を選択します。

 Asked some questions, she was not able to answer. で、「いくつか質問をたずねられたとき、彼女は答えることができなかった。」という意味になります。

 ここでの分詞構文は、「~をしたとき」という意味をあらわしています。


問題4について
 解答は次のようになります。
 Being a teacher, he has to study teaching methods.

 ここで使われているのは、現在分詞です。「being」が使われていますが、これが文頭に置かれているのは2文あります。
 Being a teacher の後に、has to study teaching methodsとhe has to study teaching methodsが続いている文があります。そこで、主語のあるhe has to study teaching methodsが続いている文を選択します。

 Being a teacher, he has to study teaching methods. で、「彼は先生なので、教授法を勉強しなければなりません。」という意味になります。

 ここでの分詞構文は、「~なので」という意味をあらわしています。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます