英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習現在完了形3 経験 Day66>現在完了形の経験または継続について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  現在完了の経験・継続用法について




解説です

 現在完了形の経験と継続を表す用法についての問題です。
 経験や継続を表す用法と言っても、形式には何の変化もありません。意味的に、経験または継続が現れてきます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 Have you ever seen the musical?

 経験用法で、さらに疑問文になっている問題です。現在完了形を疑問文にすると、「have」が文頭の置かれることに注意してください。

 また、経験の用法では「ever」や「never、」「often」などの副詞がよく使われます。
 Have you ever seen the musical? で、「あなたは今までにミュージカルを見たことがありますか。」という意味になります。

 「seen」は「see」の過去分詞になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 Have you ever been engaged before?

 文の後ろには「before」が置かれています。現在完了形で使われる「before」は、「以前」の意味がありますが、漠然とした過去の意味のため、現在完了形と一緒に使うことができます。
 Have you ever been engaged before? で、「あなたは前に没頭したことがありますか。」という意味になります。

 「been」は「be」の過去分詞になります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 Have you ever heard of them?

 この問題でもそうですが、経験の用法では「ever」のような副詞がよく使われます。
 「heard」は「hear」の過去分詞になります。過去形も同じ形です。語尾に「ed」が付かずに、少し変わった形になります。
 Have you ever heard of them? で、「あなたは彼のことを聞いたことがありますか。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 I have never forgotten that brave man.

 ここでは「never」が使われています。これは「したことがない」という意味で使われます。
 また「forgotten」は「forget」の過去分詞です。「forget」は「~を忘れる」という意味の動詞です。過去形は「forgot」になり、過去分詞が「forgotten」になります。
 I have never forgotten that brave man. で、「私はあの勇敢な人を忘れたことがありません。」という意味になります。


問題5について
 解答は次のようになります。
 I have played parts of this set.

 ここからは継続の用法についての問題になります。
 現在完了形の形式は「have+過去分詞」ですが、これが変わることはありません。
 そこでI have playedとなっている文を選択します。
 I have played parts of this set. で、「私はこのセットの部分を演じています。」という意味になります。


問題6について
 解答は次のようになります。
 I have been to Amsterdam.

 この問題では注意することがあります。それは現在完了形の形式上では、間違いではない文が2つあるからです。それは次の2つです。
 1 I have gone to Amsterdam.
 2 I have been to Amsterdam.

 上を見比べると、「gone」と「been」の違いがあります。
 1の文は「完了・結果」の用法になります。それは「~へ行ってしまった」という意味になるからです。
 2の文は「~へ行ってきた」という意味になることから、経験の用法として正しい文になります。

 I have been to Amsterdam. で、「私はアムステルダムへ行ってきました。」という意味になります。


問題7について
 解答は次のようになります。
 He has been to Alaska.

 この問題も、上の問題と同様になります。次の2つが現在完了形の形式です。
 1 He has been to Alaska.
 2 He has gone to Alaska.

 選択の仕方は上の問題と同じで、「been」を使っている文を見ていくことになります。
 He has been to Alaska. で、「彼はアラスカへ行ってきました。」という意味になります。

 ここで、He has gone to Alaska. を選択した場合は、この文は「彼はアラスカへ行ってしまった。」という意味ですから、完了・結果の用法として選択したことになります。


問題8について
 解答は次のようになります。
 I have worked for 14 years as an assistant.

 現在完了形の形式から、I have workedとなっている文を見ていきます。
 またここではfor 14 yearsとsince 14 yearsがあります。「since」は起点を意味し、「for」は期間を意味します。そこで14 yearsから、期間を意味する「for」を使っている文を選択します。

 I have worked for 14 years as an assistant. で、「私は助手として14年間働いています。」という意味になります。


問題9について
 解答は次のようになります。
 I haven't seen you for ages.

 ここでの問題は、否定文になっています。
 上の問題と同じように、「since」と「for」が使われています。継続の用法では、この2つはよく使われます。
 I haven't seen you for ages. で、「私はあなたに長い間会っていません。」という意味になります。

 for ages で、「長い間」という意味で使うことができます。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます