英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習preferの比較 Day62>prefer の比較について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  preferの比較について




解説です

 「prefer」を使った比較の意味を表す文の作り方についてです。
 この「prefer」は動詞です。名詞を置いて文を作る場合は「prefer」と「to」の間に名詞を置きます。すると、「prefer+名詞+to+名詞」の形になります。
 また、動詞を使って文を作る場合は、prefer toの後に動詞を置いていきます。すると、「prefer to+動詞の原形」の形になります。


問題1について
 解答は次のようになります。
 I prefer to walk.

 これは「prefer」にさらに動詞を置いて文を作る問題です。
 その場合prefer toの後に動詞の原形を置いていきます。
 I prefer to walk. で、「私は歩く方が好きです。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 If you prefer to eat out, there are several places.

 問題文で「if」から始まるところ(if節)が、選択肢になります。eat outで、「外食をする」という意味で使うことができます。
 動詞を使う文ですので、prefer to eat outの語順になっている文を見ていくことになります。
 If you prefer to eat out, there are several places. で、「もしも外食するほうが良いのなら、いくつかの場所があります。」という意味になります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 We prefer to collaborate rather than to compete.

 この問題も動詞を使う文ですが、注意することは2つの動詞を使って比較の文を作っていることです。
 2つの動詞を使う場合、1つ目の動詞はprefer toの後に置きますが、2つ目の動詞についてはrather than toを加えてから置いていきます。
 prefer to collaborateは1つ目の動詞になります。2つ目の動詞については、この後にrather than to competeが続きます。

 We prefer to collaborate rather than to compete. で、「私たちは競うよりも協力することを好みます。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 I prefer to stay here rather than to go there.

 この問題も、上の問題と同様に2つの動詞を使って文を作っています。
 1つ目の動詞はprefer to stayの形になります。2つ目の動詞については、rather than to goの形を置いていくことになります。
 I prefer to stay here rather than to go there. で、「私はそこへ行くよりも、ここに滞在する方が良いです。」という意味になります。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます