英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習受動態の応用 Day35>第4文型と助動詞の受動態について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  第4文型と助動詞の受動態について




解説です

 第4文型の受動態についての問題です。第4文型は、目的語が2つあります。基本的にはそれら2つの目的語を主語の位置に置いて受動態を作ることができます。
 今回は選択式の問題のため、主語の位置に置く目的語は決まっていますが、受動態の作り方は「主語+be動詞+過去分詞」の順番で変わりありません。

 また助動詞が使われている文もありますので、注意してください。助動詞がある場合は「主語+助動詞+be+過去分詞」の順番になります。


問題1について
 解答は次のようになります。
 She was given the kiss of life.

 受動態の作り方は「主語+be動詞+過去分詞」の順番になります。
 「She」の後にbe動詞が続いているのは、2文だけです。そこから過去分詞が置かれている文を選択していきます。
 ここで使われている過去分詞は「given」ですが、これは「give」の過去分詞です。

 She was given the kiss of life. で、「彼女は人工呼吸をされた。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 I was given the task of preparing a document.

 「I」の後にbe動詞が続いているのは2文だけです。そこから過去分詞が置かれているのは1つだけですが、ここで使われている過去分詞は「given」です。上の問題と同じ過去分詞ですが、「given」は「give」の過去分詞になります。

 I was given the task of preparing a document. で、「私は文書を用意する仕事を与えられました。」という意味になります。
 I was givenで、受動態の基本形となりますが、これで「I」が「given」されるという意味合いになります。

 「task」は仕事という意味の名詞です。また、「preparing」は「prepare」のing形です。「prepare」は「用意する」という意味の動詞です。
 「document」は文書という意味の名詞です。


問題3について
 解答は次のようになります。
 Nobody was told the circumstances of Paul's new job.

 主語の位置に置かれているのは「Nobody」です。その後にbe動詞が続いているのは2文ありますが、そこからさらに過去分詞が続いているのは1つだけです。ここで使われている過去分詞は「told」です。
 「told」は、「tell」の過去分詞になります。「tell」は「伝える」という意味の動詞です。

 Nobody was told the circumstances of Paul's new job. で、「だれもポールの新しい仕事の状況について伝えられていませんでした。」という意味になります。
 ここでは「Nobody」が使われているために、否定を表す文になっています。
 また「circumstance」は「状況」や「事情」という意味の名詞です。


問題4について
 解答は次のようになります。
 The plan will be discussed by the councilor on Wednesday.

 主語の位置にあるのはThe planです。
 ここで注意が必要なのは、助動詞が使われている文であることです。
 助動詞がある場合は「主語+助動詞+be+過去分詞」になりますので、The planの後には、この場合「will」が続きます。
 「will」の後は「be」が続きます。すなわちbe動詞の原形です。そこからさらに過去分詞である「discussed」が続いている文が解答になります。
 「discussed」は「discuss」の過去分詞ですが、「discuss」は「話し合う」という意味の動詞です。

 The plan will be discussed by the councilor on Wednesday. で、「その計画は水曜日に市会議員によって討論されるでしょう。」という意味になります。


問題5について
 解答は次のようになります。
 This will be done on a month-by-month comparison with the previous year.

 この問題も上の問題と同様になります。助動詞の「will」が使われていますが、主語である「This」の後に「will」が続くことになります。
 「will」の後にはbe動詞の原形である「be」が続きますが、そのような文は2文しかありません。そこからさらに過去分詞が続いている文を選択します。
 ここで使われている過去分詞は「done」ですが、「done」は「do」の過去分詞になります。

 This will be done on a month-by-month comparison with the previous year. で、「これは前の年とともに月ごとの比較がされるでしょう。」という意味になります。

 month-by-monthで、「月ごと」という意味になります。また「comparison」は「比較」という意味の名詞になります。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます