英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習その他の副詞 eitherとneither Day33>either とneither の使い方について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式2  eitherとneitherの使い方について




解説です

 「either」と「neither」の使い方についての問題です。ここでは接続詞的に使われています。

 問題文では接続詞として使うために「or」または「nor」を使っています。「either」には「or」を使い、「neither」には「nor」を使います。


問題1について
 解答は次のようになります。
 Either they all go or I go.

 「neither」と「either」が文頭に置かれていますが、文中では「or」が使われています。そこで「either」が使われている文を選択します。
 Either they all go or I go. で、「彼ら全員が行くか、それとも私が行くかのどちらかです。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 This extra pension is paid either when you claim your pension or when you reach 65.

 この問題文でも、文中に使われているのは「or」です。そこで「either」を使っている文を選択していきます。
 This extra pension is paid either when you claim your pension or when you reach 65. で、「この特別の年金は、あなたが年金を要求したとき、またはあなたが65歳に到達したときに支払われます。」という意味になります。

 ここで「extra」は「余分な」や「特別の」という意味の名詞です。
 「pension」は「年金」という意味の名詞です。
 「claim」は「要求する」という意味の動詞です。


問題3について
 解答は次のようになります。
 I could neither remain unemployed nor begin a new job now.

 この問題では文中で「nor」が使われています。そこで「neither」が使われている文を選択します。
 また「neither」を使うと、否定を表す文になります。
 I could neither remain unemployed nor begin a new job now. で、「私は失業したままでもなければ、今は新しい仕事を始めることもしません。」という意味になります。

 ここで「remain」は「とどまる」という意味の動詞です。
 「unemployed」は「失業した」という意味の形容詞です。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます