英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習場所の副詞awayとfar Day29>as far as の使い方について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式3  as far asの使い方について




解説です

 as far asの使い方についてです。as far asは、「~をする限り」や「(場所が)~まで」という意味で使うことができます。
 as far asの後に、主語+動詞を続けることで、「~をする限り」という意味で使うことができます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 As far as I understand it, it was Angela.

 as far asの後ですが、きちんと主語+動詞の形になっている文を選択します。
 As far as I understand it で、「私が理解する限り」という意味になります。
 そしてAs far as I understand it, it was Angela. で、「私が理解する限り、それはアンジェラでした。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 As far as I know there was never any shortage of money.

 as far as I knowがきちんと、主語+動詞の形になっている文になります。これで「私が知る限り」という意味になります。
 As far as I know there was never any shortage of money. で、「私が知る限り、まったくお金の不足はありませんでした。」という意味になります。

 「shortage」は、「不足」という意味の名詞です。


問題3について
 解答は次のようになります。
 As far as the eye could see, the water was a dirty mud color.

 as far as the eye could seeがきちんとした、主語+動詞の形になっています。これで「見渡す限り」という意味で使うことができます。
 As far as the eye could see, the water was a dirty mud color. で、「見渡す限り、水は汚い泥色をしていました。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 There were green fields as far as the eye could see.

 ここでもas far as the eye could seeが使われています。ここでは文の後ろのほうにas far as~ を置いて使っています。
 There were green fields as far as the eye could see. で、「見渡す限り、緑の野原でした。」という意味になります。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます