英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習場所の副詞 Day28>everywhere とnowhere について 選択式確認問題の解説





 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式3  everywhereとnowhereの使い方について




解説です

 「everywhere」と「nowhere」の使い分けについてです。
 「everywhere」は「至るところに」という意味です。そして「nowhere」は「どこにもない」という意味です。
 問題文にある( )の中の日本語に注意をして解答をしてください。


問題1について
 解答は次のようになります。
 Maybe they were doing it everywhere.

 問題文の( )には、「どこでもある」があります。そこで「everywhere」のほうを使います。
 Maybe they were doing it everywhere. で、「おそらく彼らはそれをどこでもしていました。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 There was nowhere to park the car.

 問題文の( )には、「どこにもない」があります。そこで「nowhere」のほうを使います。
 There was nowhere to park the car. で、「車を駐車させるところがどこにもありませんでした。」という意味になります。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます