英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習仮定法 Day74>仮定法過去、仮定法過去完了について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1.If I am not busy, I can go to see the soccer game.
(私が忙しくないのなら、そのサッカーの試合を見に行くことができます。)

(私が忙しくなければ、そのサッカーの試合を見に行くことができるのに。)

2.If I can speak English, I will talk to her.
(私が英語を話すことができるのなら、彼女に話しかけます。)

(私が英語を話すことができれば、彼女に話しかけるのだが。)

3.If she tries harder, she will succeed.
(彼女は一生懸命やると、成功するでしょう。)

(彼女は一生懸命やれば、成功するだろうに。)

4.If I have more time, I can finish the task.
(私にもっと時間があるのなら、その仕事を終えることができます。)

(私にもっと時間があったら、その仕事を終えることができただろうに。)

5.The game may be played, if it is not raining.
(雨が降っていないのなら、その試合は行われるかもしれない。)

(雨が降っていなかったら、その試合は行われたかもしれないのだが。)


解答です

1. If I were not busy, I could go to see the soccer game.
(私が忙しくなければ、そのサッカーの試合を見に行くことができるのに。)

2. If I could speak English, I would talk to her.
(私が英語を話すことができれば、彼女に話しかけるのだが。)

3. If she tried harder, she would succeed.
(彼女は一生懸命やれば、成功するだろうに。)

4. If I had had more time, I could have finished the task.
(私にもっと時間があったら、その仕事を終えることができただろうに。)

5. The game might have been played, if it had not been raining.
(雨が降っていなかったら、その試合は行われたかもしれないのだが。)


解説です

 問題1から3は、仮定法過去の問題です。
 ( )の中の語句を書き換えていきますが、仮定法過去の文は次の型にあてはめていきます。
 If+主語+過去形, 主語+助動詞の過去形+動詞の原形

 問題4と5は、仮定法過去完了の問題です。
 ( )の中の語句を書き換えていきますが、仮定法過去完了の文は次の型にはてはめていきます。
 If+主語+過去完了の形, 主語+助動詞の過去形+have+過去分詞


問題1について
 問題文のIf I am not busy, I can go to see the soccer game.ですが、if節では、過去形を使いますので、amは過去形のwereになります。(通常はamの過去形はwasですが、仮定法の場合はwereを使います。)
 また主節においては助動詞の過去形を使いますので、canはcouldになります。動詞は原形ですので、goをそのまま使います。
 すると、解答は次のようになります。
 If I were not busy, I could go to see the soccer game.
 (私が忙しくなければ、そのサッカーの試合を見に行くことができるのに。)


問題2について
 問題文のIf I can speak English, I will talk to her.ですが、if節では、過去形を使います。
 動詞はspeakですが、この場合は助動詞を使っているので、その助動詞を過去形にします。したがってcanをcouldにします。

 また主節においては助動詞の過去形を使いますので、willはwouldになります。動詞は原形ですので、talkをそのまま使います。すると解答は次のようになります。
 If I could speak English, I would talk to her.
 (私が英語を話すことができれば、彼女に話しかけるのだが。)


問題3について
 問題文のIf she tries harder, she will succeed.ですが、if節では、過去形を使いますので、triesはtriedになります。triesはtryに「s」がついた形です。tryは「試みる」という意味の動詞です。

 また主節においてですが、助動詞の過去形を使いますので、willはwouldになります。動詞は原形ですので、succeedをそのまま使います。すると、解答は次のようになります。
 If she tried harder, she would succeed.
 (彼女は一生懸命やれば、成功するだろうに。)


問題4について
 問題文はIf I have more time, I can finish the task.です。
 仮定法過去完了の場合、if節では過去完了の形を使います。そこでI haveの部分は、I had hadの形になります。

 それから主節ですが、助動詞の過去形と、その後にhave+過去分詞を続けていきます。そこでcanはcouldになり、finishはhave finishedになります。
 すると、解答は次のようになります。
 If I had had more time, I could have finished the task.
 (私にもっと時間があったら、その仕事を終えることができただろうに。)


問題5について
 問題文はThe game may be played, if it is not raining.です。
 仮定法過去完了の場合、ifでは過去完了の形を使います。そこでit is notは、it had not beenになります。

 また主節においては、助動詞の過去形と、その後にhave+過去分詞を続けますので、mayはmightになります。そしてbe playedは、have been playedになります。
 すると、解答は次のようになります。
 The game might have been played, if it had not been raining.
 (雨が降っていなかったら、その試合は行われたかもしれないのだが。)











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます